PAGE TOP

2018年07月23日

警備員に関するニュース

今迄は警備員に関するニュースを検索しtwコメント記事を掻く事が多かったのですが、文字が全くみえなくなり不可能な作業になってしまいました。

それどころか、キーボードの文字配列もほとんど見えず指の感触も失ってしまったので記事を掻く事が非常に困難になってきました。

たぶん、誤字脱字が多くて意味不明な記事になっていると思います。書きたい記事はたくさんあるけど技術的に困難なのです。

なんといってもマウスポインタ―がどこにあるのかわか和ないし、視力は日々悪化していますから。りーぺも試してみたけどまxty宅効果はなかった。深い霧の中にいるような感じだからなぁ。

「どのような警備員でありたいのか?」という記事を掻きたいけど、ハードルが高そうだ。頭の中には文章があるけども序にづる事はとても困難に思える。

せめて指の感触があればなんとかなるんだけどね。

今日は13日の金曜日だけど最高の1日だった・
スポンサーリンク








posted by 管理人 | Comment(1) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

久々の娘とのデイト

今日は久しぶりに娘とデイトし最高の1日だった。とある駅での待ち合わせでしたが初めての場所だった事と待ち合わせ場所を見つける事が出来なかったのでちょっと焦ったけど、私の傍を娘が通り過ぎようとした主bb間に私の香水の香りに築いてくれて無事に遭遇。

待ち合わせ場所とは異なる場所で待っていた私でしたが娘の機機転に救われた。目が見えず携帯電話をうまく使えない私なので、会えなかったらどうしようと不安でしかたなかった。

まずは喫茶店に入って飲み物を飲みながらとめどなくしゃべりまくり。こんなに話まくる父と娘はそうはいないだろう。今春から大学生になった娘は勉強が楽しくてたまらないらしい。どうしても学びたいジャンルの学科だったので栄生に楽しいらしい。

先月からインターネットラジオ放送局のパーソナリティの1人として活動していて、こちらも楽しくてしかたないらしい。本格的なスタジオでの収録との事で彼女にとってはきてょうな体験になりそうだ。私も娘の声が毎日聞けるのでうれしくてしかたない。

最高の学生生活を送っている娘の話を聞いてとても幸せな気分になった。

私が愛用していたromagoの腕時計、ついに針が見えなくなり時間を読み取る事が出来なくなりアクセサリー状態になっていたので「もし君の子のみと合致するならあげるよ。」と言ったら、即効dr「欲しいんっ!」と返答。素敵なデザインでユニセックスなのだ。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

自称警備員が未成年者略取誘拐で逮捕される

大阪で自称警備員の男がSNSで知り合った女子中学生を自宅の連れ込んだ事がh判明が成年者略取誘拐で逮捕されるという事件が発生しています。

状況から、無理やりではなく同意の上だったようですが、未成年者を釣れさえ宇土誘拐になってしまいます。そんな子tpは知っていたはずだけどねE.

同意のうえで連れまわしただけでも誘拐になちますから注意が必要です。

posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遂に者にっ視覚障害者になった

遂に視覚主題者にななり文字がほとんど見えなくなりました。視覚障害1級という事になりそうです。誤字が著しい状態になると思いますがご容赦ください。自分で打った文字が見えないのですから参ってしまいます。


携帯電話の文字も数字も見えない野毛とても不便です。風景はぼんやり見えるのですが食材を買いにいっても値札がみえずスリル満点。

まあ見えない事を悔やんでも見えるように右派ならないので何らかの工夫をしなければと思っているのですけどね・

意味不明の文章になっていないだろうか?それがとても不安なのです。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

想像力逞しく読んでいただければ幸いです

私は視力を大墓に損なっていて文字を読み取ることが非常に困難になっています。キーボードの文字は見えず文字の配列の記憶に頼ってタイピングしていますし漢字変換は「何となく、これかな?」という感じで選択している現状です。

当然、書いた文章を見直ししても誤りに築くのは至難の業ですから誤字脱字が目立つ結果になると思います。

当bログを訪問して記事を読んでくださる方々にとっては、とても読みづらくストレスを感じられると思います。どうかご容赦ください。

余命も残り僅かで、突然死の可能性が極めて高いですから、生きている内に自分なりの死生観を綴りたいと思っていますが、起きている事だけでなく思考も困難な状況ですから書けるかどうかは分かりません。

自分が死を迎える事に対して特段の感慨はありませんから大した記事は書けないだろうとは思います結果にけどね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする