PAGE TOP

2016年06月21日

給料日間近、雨の夜の警備員は・・・

警備室は施設1Fの中央部分にあってガラス張りになっているので外の様子がクリアに見える。勤務中の大半は監視カメラを見ているのですが、時々、目視で外を見る事もある。

途切れない人の流れの中から危険因子のオーラを放つ人物をマークしてカメラで動きを追うのですが、給料日間近の雨の夜ともなると人通りが皆無になります。

警備業務自体は楽になりますが、あまりの変化の無さに集中力が欠けたり睡魔が襲う事もある。ちょうど高速道路を深夜に運転しているような感じですかね。

時間の経過も遅く感じるし。

でも、心理的にはとっても楽。人通りが少ないだけに不審者の発見は通常のように研ぎ澄ました観察力と集中力を必要としないから。

まあ、たまにはそういう日もあっていいな。
ちょっと一服、みたいな。

posted by 管理人 | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンビニの冷凍ケースに横たわり写真撮影 器物損壊で逮捕

まだ、こんなアホがいたのか・・・

呆れますねぇ。

(以下はサンスポ記事より転載)

福岡県警は20日、コンビニの冷凍ケースに横たわって写真撮影して商品を台無しにしたとして、器物損壊と建造物侵入の疑いで同県須恵町植木、自称とび職の山内翔容疑者(25)と同県古賀市花見東5丁目、自称型枠大工の桑原和也容疑者(26)の2人を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年8月9日午前2時50分ごろ、福岡市中央区のコンビニで、山内容疑者が冷凍ケースに横たわり、桑原容疑者がその様子を撮影。ケースを汚して店に清掃費約1万4000円を支出させ、アイスクリームなど商品約300個(約3万4000円相当)を台無しにした疑い。

 県警によると、山内、桑原両容疑者は仲間2人と計4人で来店。撮影後、買い物をせず立ち去った。店内にはほかに店員が1人いた。防犯カメラの映像などから浮上した。
posted by 管理人 | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サミット警備中の警察官の傍を「日本刀?」を持った男が!

タイトルを見て「事件?!」と思った方も多いと思いますが、実はちょっと笑える話です。

(以下はミニ事件簿記事より転載)

先日、三重県で開かれた主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の警備活動に派遣された別府署員。同県の都市部にある私鉄駅で警戒に当たっていた時、少し離れた所に日本刀のような物を持った男性を発見した。緊張が走る中、職務質問のため近づくと、どうやら刀とは微妙に形が違う。「えっ、もしや傘!?」。話を聞くと、持ち手が刀の柄(つか)の形になった既製品の傘だった。「遠目ではてっきり刀かと…。自慢の傘を見せびらかしたかったのかな」と署員。 (ここまでが転載記事)

警察官が刀と見間違えるような傘ってどんな傘なんだろう? という事で調べてみましたら、なるほど、これなら間違えるよなと納得!

        いろんな刀傘

posted by 管理人 | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

実に紛らわしい

ごみ置き場にダイナマイトのような物が捨てられているという通報があり、警視庁の爆発物処理班が出動するなど一時騒然となる事案が発生したようですが、捨てられていたのはダイナマイトの様な形をした目覚まし時計だったらしい。

なんと人騒がせな。。。

そういう物を捨てる場合はちょっと工夫をして欲しいですね。

何はともあれ、本物のダイナマイトではなくて良かった。

(以下はJNNニュース記事より転載)

東京・世田谷区のごみ置き場で、ダイナマイトの様な形をした目覚まし時計が見つかり、警視庁の爆発物処理班が出動し、一時騒然となりました。

 19日午後6時頃、世田谷区等々力で、ゴミ置き場に「不審物があるので見て欲しい」と、近所の住民から通報がありました。警視庁の爆発物処理班が出動し、X線などで確認したところ、ダイナマイトの様な形をした目覚まし時計とわかりました。

 現場は東急大井町線・等々力駅から程近く、およそ300メートルにわたり道路が封鎖されるなど、一時騒然となりました。
posted by 管理人 | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラの向こうに垣間見えるそれぞれの人生

防犯カメラで入居者やテナントで働く人々の安全を見守るのが私の仕事ですが、同時に彼らの人生そのものを垣間見る事も少なくない。

守秘義務があるので具体的な事は書けないけれど、仕事で苦境に陥っている人や家族間の問題で悩んでいる人、そして恋人との別れなど様々な出来事。

そういうものが防犯カメラを通じて見えてくる。

もちろん、そういうものを感じ取っても他の警備員にさえも話す事は無い。警備員のモラルとして自分の胸にしまうべきものだと思っているから。

最終的に事件にまで発展して介入せざるを得ないケースも少ないながらありますから、常日頃からある程度の状況把握が必要という側面もあります。別に興味本位で見ているわけではないのです。

多くの施設には「監視カメラ作動中」というステッカーが貼られているのが常ですが、ちょっとニュアンスが異なるんだよなぁ。もちろん、防犯という見地からは間違ってはいないのだけど、警備員の心情としては、こちらの方が実態を反映している。

『皆さんの安全と幸せを見守っています。』
posted by 管理人 | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする