PAGE TOP

2016年07月29日

警備員が同居男性を殴打。その後、死亡する。

29歳の警備員が同居男性を殴り怪我を負わせる事案が発生。その後、男性は死亡しました。殴打した事と死亡との因果関係は現時点では不明のようですが殴打が原因だと判明すれば傷害致死という事になります。

警備員が犯罪を行うとその警備会社には警察による立ち入り調査が実施されます。叩けばいくらでも埃が出てくるのが警備会社ですから無傷では済まないケースが多い。

営業停止処分を受ける事もあるし、最悪の場合は認定取り消し処分になる事もある。そうなるとその会社で働いている他の警備員は収入の道を閉ざされてしまう事になる。

警備員の犯罪は非常に罪深いのです。

(以下は産経新聞記事より転載)

前橋署は26日、同居する男性を殴るなどしたとして傷害の疑いで前橋市城東町の警備員、青木拓也容疑者(29)を逮捕した。逮捕容疑は今月初旬から26日朝にかけ、同所の無職、富沢豊治さん(64)の自宅で頭を鍋などで殴打し、けがを負わせた疑い。

 前橋署によると、26日午後1時半ごろ、青木容疑者が「同居人の意識がない」と通報、富沢さんは心肺停止状態で、出血性ショックによる死亡が確認された。

 2人は数年来の知りあいで、青木容疑者宅のクーラーが故障し同居するようになったという。

 青木容疑者は容疑を認め「同居して関係が悪化し、態度に憤慨した」と話しているという。

 同署は殴打と死亡の関係などを詳しく調べている。
posted by 管理人 | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

相模原19人殺害事件 なぜ防げなかったのか不可解だ

1人の人間が19人もの命を奪うという大事件が発生しましたが、事件の経過や背景が次第に判明するにつれ、警察はなぜこの事件を阻止できなかったのか不思議で仕方がない。

犯人の男が今年の2月15日に衆議院議長公邸を訪れ手紙を渡していた事が判明しており、実在する施設名での犯行を臭わせる内容であった事から、管轄する警視庁麹町署はその日の内に神奈川県警津久井署に情報提供していたらしい。

この手紙を読むと、この男の精神状態がかなり危険なレベルである事、また、実際に犯行を行う可能性が非常に高い事が見て取れます。警察はこれほどまでに切迫した状況にも拘らず、なぜ、行動確認チームを張り付かせる等の対応をしなかったのでしょうか?

犯人の手紙をまだご覧になっていない方もいらっしゃるかもしれませんので一部を下記に張り付けておきます。

作戦内容


職員の少ない夜勤に決行致します。
重複障害者が多く在籍している2つの園【津久井やまゆり、■■■■■)を標的とします。
見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします。職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します。
2つの園260名を抹殺した後は自首します。

作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。
逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。
新しい名前(■■■■■)、本籍、運転免許証等の生活に必要な書類、美容整形による一般社会への擬態。
金銭的支援5億円。
これらを確約して頂ければと考えております。

ご決断頂ければ、いつでも作戦を実行致します。
日本国と世界平和の為に何卒よろしくお願い致します。
想像を絶する激務の中大変恐縮ではございますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。

植松聖


まさにこの手紙の内容と同じ態様の犯罪を実行に移している。

様々な疑問がある。

警察はなぜこの犯行を阻止できなかったのかという事はもちろんだが、この手紙の内容を施設側は把握していたのかという事もある。

もし、把握していたとしたら、なぜ警備員は1名だけだったのか?

また、警備会社はこの状況を把握していたのか否か。
仮にもし把握していたとしたら、私だったら1人で警備する度胸は無い。それでもやむを得ず警備をするならば様々な仕掛けを用意する。映画「ケープファイアー」の元刑事の仕掛けは当然だし他にも幾つかの仕掛けをして臨むのは間違いない。

この犯罪を阻止できなかった事は実に不可解だというのが率直な感想だ。
posted by 管理人 | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

疲労回復に効果がある食材は?

夏場は体力の消耗が激しくて疲れが溜まりがちです。というわけでエナジードリンクを飲む人も少なくないと思います。ただ、エナジードリンクは飲み過ぎると体に悪いというのが通説です。用法の注意書きなどを見ると「1日に1本にしてください。」みたいな事が書いてあるものが多い。

2〜3本飲めば甲賀てきめんのような印象があるのですが、原則的に1日1本というのが適量のようです。

疲労回復に効果がある食材と言えば「うなぎ」が頭に浮かぶ人が多いと思います。確かに栄養豊富ですよね。ビタミンやミネラルが豊富で免疫力を高めたり疲労回復に効果があると言われていますが、値段が高いのが難点。

じゃあ、お手頃価格で疲労回復に効果がある食材は何でしょう?

意外だと思われる方が多いかもしれませんが、それは、『鶏の胸肉」なんです。

スーパーで買えば1枚200円前後と、とても割安です。
おなかいっぱいになりますし。

胸肉にはイミダペプチドという成分が含まれていて、臨床試験などで疲労回復効果が証明されています。ビタミンやミネラルも豊富ですしね。

鶏の胸肉を食べて疲れを吹き飛ばそう!
posted by 管理人 | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

明石花火大会歩道橋事故から15年

死者11人・重軽傷者247人を出した明石花火大会歩道橋事故から15年が経過した。ずさんな警備計画に基づいて行われた雑踏警備と群集心理がもたらした未曽有の事故で幼い子供達が命を失った。

事故やトラブルを未然に防ぐのが雑踏警備の基本で、その為にあらゆるリスクを事前に想定して大小様々なリスクを全て排除するのが警察や警備会社の使命なのだが、当時の関係者にはそういう意識が著しく欠如していたと断じざるを得ない。

事故が起きた兵庫県ではこの事故を受けて意識改革が大きく前進したと思われるが、他地域では一時的には意識の高まりはあったと思われるが時間の経過と共に潜在リスクに対する意識は低下しつつあるようにも感じる。

仮にずさんな警備計画に基づいた雑踏警備を行ったとしても重大事故が発生する確率は非常に低いという現実もある。リスクが具現化するのは様々なリスク要因が複合的に作用するという偶発的な要素もある。それ故に時間の経過と共にリスクに対する意識が次第に薄らいでいきがちだ。

事故を引き起こす複合要因が偶発的に発生するといっても、もちろんそれは事前に予測出来るのは間違いない。しかし、不運な要素が重なって結果的に事故が起きるという側面もある。交通事故などはその最たる例だ。結果手に事故にはならなかったが「ヒヤリとした。」という経験をお持ちの方は少なくないと思う。

明石花火大会歩道橋事故の雑踏警備計画書は前年末に同所で行われたカウントダウン・イベントの警備計画書を丸写ししたものだったと言われている。カウントダウンの際にも人が殺到して軽症者が出たらしいが、その事案は全く生かされなかった事になる。

私も警備計画書は数限りなく作成した経験があるが、警備場所に関するあらゆるデータを収集し且つ実際に現地を踏査した上で様々なリスク要因を想定して警備計画書を煮詰めていく地道な作業だ。

この地道な作業を怠らずに完璧を目指すのが警備会社のあるべき姿であり使命だ。近年は世界的にテロが頻発しており警備計画書にはテロ対策を盛り込む必要がある。

形式上のテロ対策ではダメだ。

例えば、規模の大きなイベント等では、挙動不審者のみをマークする部隊の編成が必要だという事だ。ニースの一件もありますからトラック等に対する対策も詳細に準備すべきだ。

これから花火大会や夏祭りなどのイベントが各地で行われる。警備会社は万全を期して警備に当たると同時に各警備員に対しリスクに対する意識を高めるべく指導を行うべきだと思う。
posted by 管理人 | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

東京都知事の主要3候補の印象

私は都民ではないので投票は出来ないのですが東京都知事の主要3候補について感じている事を少し書いてみたいと思います。

まず、小池さん。

都連に対して事前の根回しをしなかった事から大反発を食らって冷ややかな目で見られていますが、これは根回しが苦手だとか配慮に欠けていたという事はまずないでしょう。彼女の選挙戦術の一環と捉えるべきだと思う。

権力のある組織から冷たくあしらわれて、いびられている感を出す事で同情票を取り込むというか古い体質の政治の世界を打破すべく闘うとイメージ作りで選挙戦を有利に運ぼうとするしたたかな計算に基づいているのではないだろうか。

ただ、ネガティブキャンペーンがちょっと強過ぎた印象が強く、これに関しては大失敗だったのではないかと思う。サラッとネガティブキャンペーンする程度なら良かったのだけど、ちょっとしたたかさが表面に出過ぎた感がある。ただ、これぐらいのしたたかさがある方が政治家としては良いのかもしれないが。

選挙戦終盤までには化けの皮が次第に剥げてくるだろうから、出足絶好調、終盤で尻すぼみというパターンが懸念される。

次に鳥越さん。

立候補を決めた段階から唖然とするようが発言があり、また、非常に的外れな発言が続いており、しかもテレビ討論では熱くなり過ぎだ。はっきり言って「話にならないほどのお粗末さ。」

小さな町の町内会長でさえ、こなせそうにないと私は思うのだが。

『昔の名前で出ています。』の世界か?

野党はね、相変わらず物事が見えてませんね。宇都宮さんを統一候補にしていれば勝機があったと思うのだが。

最後に増田さん。

飄々として掴みどころがなく印象に残りにくいが、3候補の中では最も能力が高く知性的で信頼がおけそうな人に映る。もう少し「人となり」という部分をアピールできれば良いのになと思う。意外にこういうお茶目なところがある人だ等と。

都知事として一番ふさわしい人は増田さんかなぁと思う。

さて、結果や如何に。
posted by 管理人 | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする