2016年08月24日



人は見かけによらぬもの

昨日、警備員殺害の疑いで警備会社元同僚の男が逮捕されました。逮捕前にテレビ局の直撃取材で自分は関係ないと主張している映像が流れていましたね。見た目には殺人を犯すようなタイプには見えず、どこにでも居る普通の若者という印象が強かった。

本当に人は見かけによらぬものだなと改めて思った次第です。

人の本性を見抜くのはとても難しい。個人的な経験則では、一見、善人と見える人の方が実は腹黒かったり打算的な面が強い傾向がある。要するに善人と思われれている人には偽善者が多いという事です。

今までにそういうタイプの人を多く見てきました。

善人を装いながらも、実は他人のことなんて少しも考えようとしない、自分が善人と思われるように計算ばかりしている人が少なくない。「私は善い人です。」とアピールするのに余念がない。

むしろ、要領が悪くて不器用でアクの強い部分があったり、どこかしら素直に自分を表現できない人の方が真の善人だったりする。

人間というものは実に面白い生き物ではある。

誰の目にも善人に映り、やはり真の善人だという人の存在を私は今までの人生の中で1人しか知らない。それ以外の善人と見られている人達は全てが実は腹黒い偽善者だったという事になる。残念ながら。

posted by 管理人 | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日



NHK放送の「貧困?女子高生」報道を巡る炎上騒動

NHKが放送した貧困特集で顔出しOKの貧困?女子高生(高3)のツイッターがネット民によって暴露され、「どこが貧困なんだ?」「普通の女子高生よりも散財している。」等として炎上騒動になっている。

ネット民の調査能力の高さは改めて言うまでもないし、彼らの指摘は多くの場合で非常に鋭いと思っている。。

一方でスピード重視故か、不確かな情報や予断・印象に基いてコメントをする事も少なくない。

子供の置き去り事件もそうだ。少なからぬ人達が父親犯人説を唱えたり、そのような臭いをプンプンさせたコメントが目についた。

今回の炎上騒動もツイッターのアカウントが本当に彼女のものかどうかは定かではない。まあ、可能性としては高そうだが断定されたという状況でもない。

もし、本当に彼女のアカウントであったならば、ネット民が指摘するように「貧困とは言い難い。」と私も思う。しかし、彼女のアカウントだと確定していないのだから、それを基にして批判的なコメントを書くのは如何なものかと言わざるを得ない。もっと慎重であるべきではないだろうか。

「ごめん、勘違いだった。」では済まないのだから。

今回の騒動を見ていて感じたのは番組制作サイドは相変わらずだなという事。番組にインパクトを持たせたい気持ちは分からないではないけど慎重さに欠けたり演出に走り過ぎる傾向が未だに健在なようだ。

モザイクの掛かった証言よりも顔出しOKの方が視聴者に訴えかけるパワーは比較にならないほど大きいが、検証作業を怠ると思わぬミステイクをしてしまう危険性がある。

今回の炎上騒動の発端になったアカウントが彼女のものであるのか否かは分からないが、もし、ネット民の指摘が正しかったとしたら、今回の番組だけでなく大半のドキュメンタリー番組はその信憑性を失う事になる。

既に視聴者の少なくない人々がドキュメンタリー番組は「やらせ」や「捏造」が散りばめられていると思っているのかもしれない。私もその中の1人なのですけどね。

スポンサードリンク








posted by 管理人 | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


警備員殺害事件の犯人は警備会社の元同僚だった

今年5月に警備員の男性が殺害される事件がありましたが、犯人は警備会社の元同僚で無職の男だった事が判明し逮捕されました。警察は2人の間で何らかのトラブルがあったと見ているようです。

(以下は福島民友新聞 記事より転載)

郡山市逢瀬町の山林で5月、警備員男性の遺体が見つかった事件で、郡山北署捜査本部は21日午後8時20分ごろ、殺人と死体遺棄の疑いで、同市、無職車田和也容疑者(26)を逮捕した。捜査本部によると車田容疑者は「自分がやった」と容疑を認めている。関係者によると、車田容疑者と男性は警備会社の同僚だったという。

 捜査本部が車田容疑者が1人で殺害などに及んだ疑いが強く、2人の間にトラブルがあったとみて動機などについて調べを進める。

 逮捕容疑は、5月15日正午ごろ、同市逢瀬町の山林で、同市、警備員岡部大樹(ひろき)さん=当時(25)=を殴るなどして殺害、近くに遺棄した疑い。

 岡部さんは15日午前、自宅から車で外出。18日に山林で遺体で見つかった。

 捜査関係者によると、家族が17日夜、同市逢瀬町の林道で岡部さんの車を発見、同署に通報したが、車の場所を家族に伝えたのが車田容疑者だったという。岡部さんは外出して間もなく暴行を受けたとみられる。致命傷は後頭部にあり、車田容疑者が背後から凶器で殴った疑いがあるという。

 捜査本部は現場付近の目撃情報や岡部さんの関係者の話などから、車田容疑者が事件に関わった疑いがあるとみて捜査していた。捜査本部は22日、車田容疑者を送検する。
posted by 管理人 | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日



会社会長が玄関で死亡、2人組が逃走。駆け付けた警備員も襲われ軽傷。

不動産会社会長の男性が玄関で鼻から血を流して倒れているのを警報で駆け付けた警備員が発見。室内から出てきた2人組の男に警備員が棒のようなもので殴られる事件が発生しました。

その後、倒れていた男性は死亡。警備員は軽傷だったらしい。

映像で見ましたがずいぶんと立派な邸宅で、ホームセキュリティを設置していたのでしょうね。駆け付けた警備員は機械警備会社の警備員と思われます。

彼らは防刃チョッキは着用していますが防弾チョッキではないでしょうから、もし、銃で撃たれていたら警備員も命を脅かされる事態になっていたかもしれない。警備員は非常に危険な仕事なんです。

(以下は読売新聞記事より転載)

甲府市朝気(あさけ)の住宅で17日夜、一人暮らしの不動産会社会長若宮利雄さん(73)が、鼻から血を流して玄関付近で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 死因は腹を殴られたことに伴う出血性ショック。山梨県警は、現場の状況などから殺人事件とみて南甲府署に捜査本部を設置した。

 発表によると、同日午後10時半頃、若宮さん宅の警報装置の作動で男性警備員(34)が駆けつけると、室内にいた2人組の男が警備員を棒のようなもので殴って逃走したという。平屋住宅東側の窓ガラスが割られていた。

 男はいずれも身長1メートル70前後で、マスクのようなもので顔を覆っていたという。現場はJR甲府駅から南東約2キロの住宅街。
posted by 管理人 | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日



原始生活の再現が凄い! この人、何者?

もう既にご存知の方も少なくないと思いますが、オーストラリアのユーチューバ―が原始生活の再現をユーチューブにアップされているのですが、これが半端ない。いったい、この人は何者なのだろうか?

一見の価値ありです。




posted by 管理人 | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする