2016年09月12日



性犯罪の厳罰化、刑法を大幅改正

性犯罪が厳罰化される事になりました。従来、強姦などは親告罪(被害者の告訴が立件の条件)という事で泣き寝入りするケースも少なくなったのですが非親告罪となる模様、また、法定刑は、現行の「懲役3年以上」から「懲役5年以上」に引き上げるとの事。

こういう卑劣な犯罪に対して厳罰に処すという法改正は実に意義深い。
この英断を高く評価します。

性犯罪の抑止効果になるのではないでしょうか。

盗撮などももっと厳罰化する必要があると思います。

(以下は朝日新聞デジタル記事より転載)

性犯罪の厳罰化に向けた刑法の改正について、法相の諮問機関「法制審議会」(法制審)は12日、金田勝年法相に答申した。被害者の告訴がなくても罪に問える「非親告罪化」や、法定刑の引き上げなどが盛り込まれた。答申を受けて法務省は、来年の国会に改正法案を提出する見通し。成立すれば明治時代の制定以来の大規模な改正となる。

 現行の強姦(ごうかん)罪や強制わいせつ罪は、被害者の名誉やプライバシーの保護を理由に、被害者の告訴が立件の条件とされてきた。だが、罪に問うかどうかの判断が被害者に委ねられるのは、精神的な負担が重いとして、見直しを求める声が上がっていた。

 このほか、強姦罪の法定刑は、現行の「懲役3年以上」から「懲役5年以上」に引き上げる。現行では強盗罪の「懲役5年以上」より軽いため、引き上げを求める声が被害者に強かった。

 親から子への性的虐待などを罰する罪も新たに設ける。18歳未満に対して、生活を支える「監護者」が「影響力に乗じて」わいせつ行為などをした場合、強姦罪や強制わいせつ罪と同様に処罰する。現行の強姦罪などは加害者の「暴行や脅迫」が成立の条件で、「被害者が抵抗しなかった」として立件が難しいケースがある。新たな罪では、抵抗の有無にかかわらず、罰することができるようになる。

 「男性が加害者、女性が被害者」としてきた「強姦」の定義も拡大され、性の区別なく処罰の対象となる。
posted by 管理人 | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


アメリカ同時多発テロから15年

アメリカ同時多発テロから15年が経過した。この大掛かりなテロ事件が本当にアルカイダを率いていたビン・ラディンによって引き起こされたものであるのかは疑問の余地がある。

あまりにも謎が多いからだ。

当時、現場に居合わせた人達の証言やペンタゴンに突っ込んだとされる飛行機が実はトマホークではなかったのかという疑念を抱く人もいる。

要するにアメリカによる自作自演だったのではないかと考えている人達がいるという事だ。真相は分からないけれど、個人的にはその可能性が決して低くはないと思っている。

大きな事件が起きると必ずといっていいほど陰謀論が囁かれる事が常でその多くはこじ付けと言わざるを得ない内容だが、9.11テロに関しては多くのこじ付け陰謀論とは一線を画している印象が強い。

ユーチューブなどで検索してみると驚くような証言がたくさんヒットする。興味がある人は検索してみるといい。知れば知るほど不可解な事件だという事がよく分かる。

世界で起きている様々な出来事には真実が隠微され誤った事実が喧伝されて、いつの間にか誤った事実が真実として定着する事もある。

いずれにしても、この大事件がもたらしたものは憎しみの連鎖である事は間違いなく、それは今も続いている。国益という名の下で多くの罪無き人々の命が奪われるのは実に悲しい事だ。
posted by 管理人 | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日



裾野警察署が素晴らしい取り組み! 万引対策で制服警察官が店舗巡回

静岡県の裾野警察署が8月から制服警察官によるスーパーやコンビニ各店舗の巡回を開始し、「見せる防犯」で万引の抑止、被害防止を目指すという素晴らしい取り組みを始めています。

こういう地道な活動が犯罪抑止・減少に大きく貢献する事は間違いないと思います。何かと批判される事が多い警察ですが、こういうすばらしい活動を始めた裾野警察署に拍手を送りたい。

(以下は静岡新聞記事より転載)

刑法犯認知件数が静岡県内で減少傾向にある一方で、増加している万引被害への対策として裾野署が管内(裾野市、長泉町)のスーパーやコンビニ店と連携し、独自の対策を始めた。8月から制服警察官による各店舗の巡回を開始し、「見せる防犯」で万引の抑止、被害防止を目指す。

同月中旬の昼。裾野市茶畑のマックスバリュ裾野茶畑店で、同署の制服警察官2人が店内を巡回し、万引犯がいないか目を光らせた。武蔵恭介店長は「(店内に)警察官の姿がある方が、お客さまに安心感を与えてくれる」と歓迎した。

同署は7月、管内のスーパーやコンビニ店などに立ち寄り警戒に関するアンケートを実施した。従来、制服警察官による警戒に店舗側は抵抗感を示し、万引Gメンと呼ばれる私服警備員による警戒が主流だった。アンケートには計61店が制服警察官による店内巡回を要望。「店の要望に基づいてきめ細かな対応をし、店と警察との情報共有で万引をさせない環境づくりが大切」と同署の小高義久生活安全課長は強調する。

全国万引犯罪防止機構(東京都)の稲本義範事務局次長は「制服警察官による巡回で万引が減った事例は全国で確認されていて、効果は絶大」と分析する。万引などの身近な犯罪は凶悪事件に手を染め始める「ゲートウェイ犯罪」ともいわれ、稲本氏は「万引を防がないと、より重い犯罪の発生につながり、体感治安の悪化にもなる」と万引対策の意義を説いた。

<メモ>県警によると、ことし上半期の刑法犯認知件数(暫定値)は1万673件(前年同期比734件減)。7年連続で減少し、統計を取り始めた1980年以降で最少だった。一方、万引被害の認知件数は1589件(同245件増)と増加傾向にある。裾野署管内でもことしに入ってからの万引被害(7月末現在)は63件で、前年同期比33件増と増えている。

posted by 管理人 | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日



同時に4件の対応

数日前ですが同時に4件の対応を迫られた。その内の2件は警備業務とは全く関係の無い対応で付帯業務という感じかなぁ。よりによって全く同じ時間に重なるとは・・・。確率的には極めて低い事だが年に2回ほどはこういう事がある。

こちらにとっては4件同時発生だけど各人にすればそれぞれが1件の発生だから「早くしろ!」コールが沸き起こる。「私の体は1つしかありませんから。」と言いたくなるけど、そういう言葉を口にすると厄介な事になりますからねぇ。皆それぞれが自分を優先しろと言うわけで。

分身の術でも使えってか?

こういうケースでは即座に優先順位を決めて対処するのだけど中には怒り出す人もいます。

自分で決めた優先順位に基づいて対処するわけだけど、少しでも待たされたという印象を抱かせない為に1つの処理をしながら同時に残りの3件の対処について段取りを説明したり手配するようにしている。

「Aさん、この件に関しましてはこのような段取りで対処します。今、関係部署に電話をして返答待ち状態ですから少し時間をください。」みたいな。

1人勤務でこういう風に同時間に多発事案が発生すると時間に追いまくられる。ただね、どういう段取りで対応する予定でどれほくらいの時間を要するかを説明すると相手の怒りは次第に和らぐものです。ただ、「待ってください。」とだけ言うよりも大まかな流れを説明すると待たされる事の怒りは必ず低下します。

それとね、こちらがテンパらない事がポイントです。
急ぎながらも慌てない。
これがキモ。

警備員は楽そうに見えるかもしれないけど、結構大変なんです。

今週の勤務も今日が最後。くたくたではあるけど、あと1日。頑張るぞ〜。
でも、キツイ。。。はぁ〜。

posted by 管理人 | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日



警備員が暴力団に暴行され全治1カ月の重傷

東京・港区のクラブで、勤務中の警備員が暴力団の入店を断ったところ殴るけるの暴行を受け全治1カ月の重傷を負う事件が発生しました。

同店は刺青客の入店を禁じていますから、警備員としては入店をお断りするしかないわけですが、こんな事で激しい暴行を受けるとは。

ただ、警備員と彼らの間でどのようなやり取りがあったのかは不明。

近年の暴力団は警察に身柄を持って行かれるのは極力避けるのが普通ですから、こういう馬鹿げた事件を起こした事に違和感はありますけどね。特にならない揉め事は起こさないのが最近の暴力団のスタンスという認識を持っているんですけどね。

(ANN記事より転載)

東京・港区のクラブで警備員を暴行し、けがをさせた疑いで暴力団組長の男ら5人が逮捕されました。男らは組長の誕生日を店で祝おうとしましたが、入店を断られていました。

 指定暴力団山口組系の組長・高橋裕士容疑者(37)ら5人は今年7月、港区麻布十番のクラブで、51歳の男性警備員に殴る蹴るの暴行を加え、全治1カ月の重傷を負わせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、5人は高橋容疑者の37歳の誕生日を祝うために店に入ろうとしましたが、入り口にいた男性警備員が入れ墨を理由に入店を断ったところ、5分間にわたって暴行したということです。店は入れ墨のある客の入店を禁止していました。取り調べに対して5人はいずれも黙秘しています。
posted by 管理人 | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする