2016年11月24日

羽田空港の警備員にセコムのウェアラブルカメラを本格導入

羽田空港国際線旅客ターミナルでウェアラブルカメラを装着した巡回警備員の実証実験を開始した時にもお伝えしたと思いますが、実証実験の結果は効果アリと判断されたようで、本格導入が決定しました。

私の勤務している施設では50台前後の監視カメラが稼働していますが、その台数をもってしても死角が存在している。現存の台数で、危険ヶ所の死角を簡単に解消する方法はあるけれど、私が勝手にやるわけにもいかないし・・・。簡単に死角解消が出来るだけに、それが実施されないもどかしさが有るには有る。

今回、本格導入が決まったウェアラブルカメラによって、警備における機動力が大幅アップするのは間違いないと私は思います。

(以下はレスポンス記事より転載)

セコムと東京国際空港ターミナルは、羽田空港の巡回警備員にセコムのウェアラブルカメラを本格導入することを決めた。警備員がセコムのウェアラブルカメラを装着した実証実験を今年4月から実施し、効果が実証されたため。


・・・続きを読む



posted by 管理人 | ■ 警備関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外は寒いが防災センター内は暑い

今日は風が強くて外は寒いのですが防災センター内は様々な機器が発する熱で真夏のように暑く冷房を入れています。内外の温度差が半端ではないので体温調節に苦慮しています。

防災センターには施設関係の人や業者の出入りがあって、中には風邪をひいている人もいますのでうつされないように注意しています。

ただ、私の場合は「貧乏人、風邪ひかず。(こんな格言はありませんが)」という事なのでしょうか、身体は強くないし以前は人並みに風邪をひいていたのですが、警備員になってから風邪をひいた事がありません。ww

仕事を1日でも休んだら生活が困窮しますのでね。




posted by 管理人 | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都心で54年ぶりの11月初雪

気象庁の予測通り、本日、東京で初雪が観測されました。11月の初雪は54年振りとの事。東京都心で積雪となれば、11月としては観測史上初めての記録となるそうです。

このあと、更に気温が低下するという事ですから、積雪の程度によっては交通機関への影響が出るかもしれません。

転倒されないようにご注意くださいね。





posted by 管理人 | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交通誘導警備員の過失に対する再認識が必要

これからの季節は交通誘導においてはより注意が必要だと思います。道路の凍結によるハンドル操作ミスで工事現場に突っ込んで来る車があるかもしれないし、年末にかけてはスピードを出す車が少なくありませんので。

東京都心では明日以降、降雪の予報が出ているようです。11月の降雪としては実に54年振りとか。降雪時には視界が悪くなりますから、くれぐれもご用心ください。

警備員には特別な権限は無いが義務は生じる。

最近では交通誘導にしても施設警備にしても警備員の過失に対して非常に厳しい判決が増えています。

2012年1月13日に神奈川県で発生した3歳児が横断歩道で乗用車に撥ねられ死亡した事故では、ドライバーだけではなく女性警備員の誘導ミスも事故の大きな原因の1つだったとして禁錮1年(執行猶予4年)という非常に重い判決が出て警備業界を震撼させました。

事故を起こしたドライバーが禁錮1年8ヶ月(執行猶予5年)ですから、交通誘導をしていた警備員の禁錮1年(執行猶予4年)というのは驚くほど重い刑です。

片側交互通行で双方向の車を交通誘導警備員が同時に進行させてしまい(もしくは、迷いなどから停止合図を送らなかったり)車同士が衝突してしまったら・・・

そんな事を想像するととても怖い。

交通誘導警備を行っている警備会社は、警備員の過失が厳しく問われている時代という認識の元に、詳細な事故未然防止対策を策定して各警備員に周知徹底すべきだと思います。







posted by 管理人 | ■ 交通誘導警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

福島県沖で地震 津波警報発令中

福島県では津波警報が出ていて予想の高さは3メートル。

福島のみなさん、至急、非難してください。

被害が無い事を祈ってます。