PAGE TOP

2016年12月31日

警備員による犯罪

毎年、人の生命や財産を守る立場にある警備員の中から少ないながら犯罪を犯す者が出てくる。同じ警備員として非常に腹立たしい。

私は施設警備員です。最低賃金で働いているけれど、その事と仕事に対するスタンスは別問題だ。もし、施設内で誰かが傷付けられるかもしれない事案が発生すれば、我が身を楯にしてそれを阻止するというスタンスで仕事をしている。

 別にカッコつけてるワケではなくて、自分が勤務している施設において誰かが傷付けられ自分は無傷というような事は耐えられないからだ。もし、そんな事になると精神的に耐えられない。とても今の現場で働き続ける事が出来ない。自分で自分が許せないからだ。

ほとんどの警備員はそういう考えで仕事をしている筈だ。

それなのに、ごく一部の警備員が信じられないような事件を起こしたりする。昨日のススキノで起きた強盗殺人未遂事件の報に接し我が目を疑った。自称警備員という事だから本当は警備員ではないのではないかという思いは今でもあるけれど・・・。

日々、事件・事故をどうやって未然に防ぐかという様々なシミュレーションをしている一警備員としては警備員の犯罪は許せないし非常に残念でならない。

また、こういう事件を起こした警備員と同じ会社に勤めている他の警備員の事を思うと心が痛む。警備会社は警備員の採用に際してはもっと慎重であるべきだと思うのだが。

スポンサードリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

≪札幌≫ 自称 警備員の男が強盗殺人未遂

この年の瀬にまさかという事件が発生しています。札幌で男性が刃物で刺される事件があり、現場近くで被害者のスマートフォンを持っている男が強盗殺人未遂の容疑で逮捕されました。

この犯人、警備員だと自称しているとの事。
うそだろ・・・。

もし、本当に警備員だったら、この男が務めている警備会社は大変な事になる。

(以下は毎日新聞記事より転載)

遊ぶ金欲しさに刃物で通行人を襲ったとして、北海道警札幌中央署は30日、新ひだか町静内吉野町3の自称警備員、酒井光輝容疑者(21)を強盗殺人未遂容疑で緊急逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前5時20分ごろ、札幌市中央区南6西1の路上で、設備工の男性(38)=同市白石区=の胸をカッターナイフで複数回刺し、携帯電話とダウンベストを奪ったとしている。男性は傷の一部が肺に達し重傷だが命に別条はない。

 同署によると、酒井容疑者は「遊びに行く金が欲しかった。殺して金を奪おうと思った」と容疑を認めている。面識のない男性をいきなり襲ったとみられる。通りかかった新聞販売店従業員が119番、署員が現場近くにいた酒井容疑者を見つけた。

 現場は市営地下鉄豊水すすきの駅近くで、繁華街ススキノの外れに当たる。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「年末年始特別警戒」という文言に違和感がある

年末年始には、ほとんどの現場で「年末年始特別警戒」という話が持ち上がり、通常とはやや異なる警備が実施されているのではないでしょうか。

私の現場でも毎年そのフレーズが出てきます。
個人的には、とても違和感がある。

だって、年末年始だからといって特別警戒するという意味が分からないわけですよ。じゃあ、日頃は緩い警戒をしているのかと。。。

普段と年末年始の警備スタンスに何ら違いは無いというのが率直な感想です。常日頃からあらゆる事案発生のケースを想定して警備をしていますから、別に年末年始は特別ではないし。

まあ、私がマイペースなタイプだから、こんな風に思ってしまうのかもしれないけど。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

2ヶ月間で3件のクレームと2件の火災警報作動。

いつも、なぜ私が勤務する日に限っていろんな事件やトラブルが起こるのだろうと思う。「呪われているのかもしれない・・・。」なんて思ったりする。

この2ヶ月間で3件のクレームと2件の自火報発報(自動火災警報装置が作動する事)がありました。クレームなんかは1年に1回発生するかどうかというレベルなので2ヶ月で3回というのは異常な頻度という事になる。

もっとも、いずれのクレームも警備員に対するものではなかったのですが、防災センターは非常に目立つ場所にあるし、夜間は管理会社に人は居ませんから私のところにお見えになる。

警備に関するクレームなら対応がしやすいのですが、全てのクレームは、私にそんな事言われてもお答えのしようが無いという内容ばかり。

だからといって、「私は警備員ですから管轄外」モードで接すると相手の怒りが増幅する事は間違いないわけで・・・。かといって当事者モードでの対応も出来ないわけで・・・。

その辺りの兼ね合いが非常に難しい。

工事現場では「騒音に対する苦情」や、意外に多いのが「何度も何度も同じ所を掘ったり埋めたりしやがって!」みたいな。そして警備員が罵倒されるというケースが多い。警備員が騒音を出しているわけでも道路を掘っているわけではないけど、ファーストコンタクトは警備員という事になりますからねぇ。

次に自火報の発報。以前は一時的にもっと頻度の高い時期もあったのですが最近は非常に稀です。その中で2ヶ月2回というのはやはり多い。いずれも火災やガス漏れなどの刑法ではなく関連機器の劣化が原因でしたが、警報音は同じで大音響です。何度も経験していますから慣れてはいるものの、それでもあの大音響にはビックリさせられる。

警報音はオルゴールか、せめてチャイム程度にして欲しいと思うのは私だけだろうか。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

寒暖差が激しい

昨日は生暖かくまるで春のように温暖だったのですが、今日は一転してかなり寒くなっています。寒くなっているといっても気温は特別低いわけではないので気温のギャップが寒く感じさせているというのが実体でしょうね。

寒暖差が激しいせいでしょうか、周囲に風邪をひいている人が少なくありません。

明日は全国的に冷え込みそうです。風が強いと体感温度は更に低くなりますので皆さんも体調に留意されてください。、

交通誘導警備は年末モードでほとんどの現場がお休みになっているのでしょうね。施設警備の方もテナントさんが正月休みに入って閑散としています。人通りもかなり少なくなりましたしね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする