PAGE TOP

2017年01月15日

実害が出なければリスクは無視される

警備員にとって最も大切な仕事はリスクを未然に防ぐ事だと思っています。

リスクに対する意識を高めリスクの芽を取り除く姿勢で臨むと必然的にリスクは遠ざかっていく反面、リスクに対して無頓着でいるとリスクは着実に忍び寄り具現化してしまう。

リスクは常に潜伏状態にあり表面化する機会を狙っているようにも映るのだが、残念な事にほとんどの人々は表面化するまでは無頓着な姿勢を崩さない。

多くの一般人、そして警備会社や警察も例外ではない。

実害が出るまでは無頓着なのだ。

警備会社はビジネスの観点からリスクを煽る傾向があるが、それはあくまでも警備会社の存在意義を主張する為であり受注に繋げる為でしかないように感じざるを得ない。

リスクの芽を摘む事は口で言うほど容易いものではないし弛(たゆ)まぬ努力と労力を要するものなので、かなり面倒な事でもあるのだ。表向きはリスクに対して真摯に取り組んでいるかの如きパフォーマンスは取るが、じゃあ、「具体的にどのようなリスクが存在し、それに対してどのような対策を講じているか?」と問われて、立て板に水のような返答が出来る警備会社や警備員は稀だと言っても過言ではない現状だ。

試しにいろんな現場で下に挙げる事を各警備員に尋ねてみるといい。

・この現場ではどういうリスクが存在しますか?
・そのリスクを未然に防ぐ為にあなたは具体的に何をしていますか?
・もし、不幸にもそのリスクが現実のものとなった時にあなたはどういう行動を取りますか?
・1つのリスクに対して何段階の防御策を立てていますか?(第1ガードを突破されたら・・・第2ガードを突破されたら・・・みたいな。)


即答できる警備員がどれぐらいいるだろうか?
少なくとも立て板に水が如き返答が出来る警備員は皆無だろう。

スポンサードリンク








潜在しているリスクが現実のものとなる事は極めて稀だ。仮に、警備員が居眠りをしていたとしても大事件はそうそう起こるものではないのも事実だ。その事が警備員のプロ意識の芽生えを阻害している一因かもしれない。ただ単に、異聞の時間を売る事に終始している警備員が少なくないように思える。

警察官の総数は警備員の半分以下であり多忙を極めている故か、事件が起こる予兆があっても実際に事件が起こり被害が出るまでは動きが鈍い現状だという事は多くの人が知るところだ。

実害が出なければリスクは無視される。

そして、実害が出た時に、「この事案が如何に不可抗力であったか。」をアピールするという事に終始し、「今後は新たな対策を講じる。」というアナウンスで幕引きを図るのが常だ。

リスクが具現化せずに、犯罪被害者が出ない内に、リスクを摘み取るべく速やかに対応する。そうあって欲しいし、そうあるべきではないかと思うのだが。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

世論調査などのデータを鵜呑みにしてはいけない

巷では様々な世論調査や種々の統計データ等が発表され「へぇー なるほど。そいういう実態なのか。」と思う人が少なくないが、このようなデータが必ずしも実態を表しているものではない事を念頭に置いて数字を見るべきではないかと思います。

その典型例が貯蓄高ではないでしょうか。2人以上の所帯の平均貯蓄高は2015年のデータでは1805万円で、勤労者世帯(既にリタイアしている高齢者を除き、現在も働いている世帯)では1309万円です。

みんな、こんなに貯金を持っているんだ・・・。
ショックを受けられる人も多いと思います。

しかし、この数字には負債(借金と考えてもらってもいい)は含まれていません。それと、貯蓄高には大きな差があって数百億円も持っている人もいれば僅かしかもっていない人もいる。そういう状況の中で平均貯蓄高を算出すると、実態を反映しなくなってしまうのは当然の事です。

因みに100万円以下の世帯が13.2%です。それと金融資産がゼロという世帯が全体の30.9%を占めている。単身者に至っては47.6%が貯蓄ゼロとなっています。

こういう風に見ていくと、データというものには常に数字のマジックが存在している事が分かると思います。

本題は貯蓄高に関する話ではないので興味がある方は下記をクリックしてください。総務省の資料にジャンプします。

総務省発表の貯蓄高に関する統計

さて、いよいよ本題です。本題はとても短いのですが・・・・ww

ある結婚相談所がこういうデータを発表しています。
■「結婚してよかった」と思っている人は(20〜49歳の男女)

「よかったと思う」86.8%
「悪かったと思う」13.2%

「意外だな。」そう思われた方が多いのではないでしょうか。当然の事ですが、このアンケート調査には離婚した人は含まれていない筈ですよね。離婚した人は「結婚して良かった。」とは思っていないから離婚したわけで。。。じゃあ、離婚の実態はどうなのでしょうか。グラフを用意しました。

このグラフをご覧いただければ、私が何を言いたいのかご理解いただけると思います。

データというものは、その裏を読まなければ本質が見えない。故にデータを鵜呑みにしてはいけないという事です。

01a.gif
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ローソン史上最大の焼鳥「でか焼鳥」を食べた

ローソンがローソン史上最大の焼鳥「でか焼鳥」4種類を1月10日から発売しましたね。勤務先のすぐ近くにローソンがあって、ちょうど通勤路にあたる。たまに夜食のおかずとして「ゆず唐揚げ」を買うのですが、その隣に「でか焼鳥」がドーンと並べられていて気になって仕方がなかった。

販促で通常価格127円が10円引きの117円(税込み)で売られています。

daka.jpg
  写真:ローソンHPより

という事で昨日ついに食べました。

「でか焼鳥 かわタレ」と「でか焼鳥 ねぎま」を1本ずつ。まず、大きさが半端ない。下の写真は従来のサイズとでか焼き鳥を比較したものです。

hikaku.jpg
  写真:ローソンHPより

で、味の方はどうかというと。

普通に旨い。あまり美味しくない焼き鳥屋で食べるよりは間違いなく美味しい。炭火の香りがイイ感じで「ほー、焼き鳥やん。」って感じ。とり皮は柔らかくてタレがなかなか美味しかった。個人的には少しパリパリ感のある皮が好きなのでオーブンで焼いたらもっと美味しくいただけそう。今度、自宅に持ち帰ってやってみようかなと思ってる。

それにしても、あのサイズで127円というのはかなりコスパがいいですね。6本ぐらい食べたら満腹になりそう。今度、持ち帰りしてビールのつまみにしたいな。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今シーズン最強の寒波が襲来 釧路は−17℃予想

今シーズン最強の寒波が日本列島を襲来し全国的に非常に寒くなっています。週末がピークとの事で大学入試センター試験日(1/14 1/15)と重なってしまいそうです。受験生にとっては最悪のタイミングになってしまった。

交通機関が乱れる可能性が高いので前日から試験会場の近くのホテルに宿泊するなどの対策を講じておいた方が良いと思います。

さて、北海道釧路では本日の最低気温がマイナス17℃予想ですね。ちょっとピンとこないレベルの気温です。

それと、道路や歩道の凍結によって転倒するリスクもありますので注意が必要です。最近では 滑り止め用靴スパイク などもありますから用意周到な人は既に持っておられるでしょう。効果のほどを確かめる機会になりそうです。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

事後強盗犯に女性警備員が顔を殴られる

最近、万引き犯が事後強盗犯になる事件が頻発していますが、昨日、千葉市で51歳の女が万引きを発見して声を掛けてきた女性警備員の顔を殴るという事件が発生しています。

最終的には他の男性警備員に取り押さえられ逮捕されています。

この手の犯罪者は短絡的な思考の持ち主が多いだけに恐い部分があります。成り行き次第では相手の命を奪う行動に出る事もありますので注意が必要です。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする