2017年01月01日

交通誘導警備員の泣き所 勤務日数の不安定さを緩和するには?

交通誘導警備員は日給制ですから月々の勤務日数に応じて給料が支払われる事になります。1月から3月にかけては季節的要因で仕事が少なくなる。クリスマス頃には年内の仕事はほぼ終わり(イベントはあるけど)、1月は少なくとも3日までは正月休みになるし、2月は稼働日数が少ない。そして3月の月末近くには公共工事が激減する。

季節的要因によって収入が大きく変動するのが交通誘導警備員の泣き所と言えます。梅雨時期は雨で中止になる現場も増えますしね。日頃から貯蓄をしていなければ大変な事になる。

この収入の減少を少しでも緩和する為に欠かせないのは次の3つです。

・交通誘導警備の資格を取る

これは絶対に欠かせない。1級を取ればベストだけど、まずは2級から。会社にとっては有資格者は非常に貴重な存在で近年は特に存在感を増しています。配置基準の問題などもあって有資格者を抱え込んでおかなければ契約できない現場が増えていますから、彼らに退職されると非常に困る。

また、現契約先に対しても新規開拓先に対しても有資格者の数は大きなアピール要因になり、営業政策上のキーポイントなります。

故に交通誘導警備の資格を持っている警備員は警備員需要が少ない閑散期でも優先して配置される事になる。仕事量が少ないという理由で有資格者に辞められるのは痛手が大きいのです。

警備会社にとっては有資格者の配置を優先させる事によって、それを不満に思う他の警備員が5人くらい辞めたとしてもやむを得ないというのが本音ではないでしょうか。

だから、交通誘導警備員はなんとしても資格を取らなければならない。自分を守る為です。

・技術力を高める

技術力を高めるといっても「一般の警備員よりも技術力が高い」程度ではほとんど効果が無い。誰の目から見てもレベルが桁外れに違うぐらいでないと効果は無い。

現場監督などは警備員の所作を見てないようで見ています。要するに値踏みをしているのです。警備料金は警備員の上手下手にかかわらず同じですから上手な警備員の方が良いに決まっている。ましてや、ずば抜けた技量の警備員なら警備会社に注文をする際に指名をする。

指名をしてくれる現場監督が多ければ多いほど閑散期でも仕事量を確保できる可能性が非常に高くなる。配置担当者は勤務日数のバランスを考えなければならないので「すみません。今、A警備員は他の現場に指名で入っておりまして1週間ほど動かす事ができないんです。申し訳ありません。」みたいな嘘で凌いだりするけど、お得意先ともなればそうもいかない。

技術力を極める事が欠かせない。もっとも技術力といっても2つ在る。片側交互通行などの現場をうまくさばく技術力と、ソフトな言動で本来ならトラブルに発展しかねない状況でもうまくこなす話術という技術力。一般的には「とても感じの良い警備員」。このタイプの警備員はクレームが起こりやすい現場などで重宝される。

・日頃から会社に恩を売っておく

警備会社の受注状況は増減が大きくて人手が足りない日が必ず出てきます。それに、お客様の発注忘れというケースも必ず出てくる。配置担当者が困り果ててしまうわけです。

時々でもいいから、こういう時に気持ち良く引き受ける。ポイントは渋々引き受けるのではなく「○○さんにはいつもお世話になっていますから私が出ましょう。」みたいに絶対に恩着せがましい事は言わずに引き受ける事。配置担当者からすると、「借りが出来た。」「助けられた。」という思いが強くて、暇な時期でも少しは優先して配置しようという気持ちになる。

この3点に留意していれば閑散期でも勤務日数はかなりカバーできるのではないでしょうか。





posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餅をのどに詰まらせる事故が相次ぐ 餅を詰まらせないようにするには? もし、餅が喉に詰まったら?

正月言えば餅。ほとんどの人がお雑煮などに入れて食べますが、毎年、餅を喉に詰めて死亡するという事故が発生しています。特に高齢者が多い。

今年も東京都内で81歳の男性と北区の60歳の男性が死亡されています。

東京消防庁によると、平成23年〜27年までの5年間に、餅や団子をのどに詰まらせて救急搬送されたのは562人で年間では100人前後。65歳以上の高齢者が約9割を占めているそうです。

高齢になると、噛む力や飲み込む力が弱くなっていますから、餅を喉に詰まらせるリスクが高くなってしまいます。次の点に注意する事によってそのリスクは現象すると考えられています。

・あらかじめ一口大ぐらいに小さく切っておく。
・餅を食べる前に汁などの水分で喉を潤す。
・餅を食べる際はおしゃべりを控える。
・可能ならば1人の時には食べない。(通報者の存在がカギ)


もし、餅を喉に詰まらせたら、即効で119番通報してください。119では「背部叩打(こうだ)法」などの応急措置を指導してくれます。

ご家族に高齢者がいらっしゃる場合は、雑煮を食べる前に「背部叩打法」をチェックされておくと宜しいのではないかと思います。下に動画を貼り付けておきますのでご参考になさってください。









1年で最も魚が高い時期

年末年始は魚の値段が年間で最も高い時期で、近くのスーパーでも驚くほど高い値札がつけられています。肴の需要が非常に高まる時期ですし卸売市場も休みになりますから高くなって当然ですけどね。ただ、通常の価格と比べるとやはり驚きを禁じ得ないほど高い。

スーパーでは書き入れ時ですから通常よりも大量の鮮魚やおせち風の惣菜を販売しますので売れ残りも少なくない。夕方になると大幅値引きしてして販売しますからバーゲンハンターにとってはねらい目の多い夕方になりそうです。セコイけど。

1月3日の夕方ともなると正月食材は一段とバーゲンされますから、お買い得な生鮮食料品があれば狙いたい。

今日は全国的に晴れのところが多いですから夜は放射冷却でかなり冷え込むのではないでしょうか。コーヒーとココアを切らしてしまったので今から隣のスーパーまで買いにいく事にします。

今日はお昼に起きて洗濯をした。今年も正月とは無縁の私です。



posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 一人暮らしの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高級肉など4キロ(11万円相当)を万引した男女を警備員が発見

大晦日にスーパーでステーキやしゃぶしゃぶ、すき焼き用の高級肉約4キロなどの食料品を盗んだ男女が警備員に発見され逮捕される事案が発生しています。

食料品の窃盗は「生活に給して・・・」というパターンが多いのですが、この2人は逮捕時に多額の現金を所持していたそうで悪質極まりない。因みに女は130万円、男は9万円を所持していたらしい。

窃盗した金額の多少にかかわらず万引きは犯罪ですから許されるものではない事は言うまでもありませんが。

(以下は神戸新聞NEXT 1/1(記事より転載)

高級ステーキ肉などの食料品や生活雑貨計61点(約11万円相当)を万引したとして、兵庫県警伊丹署は1日までに窃盗の疑いで、同県姫路市飾磨区中島のコンビニ店アルバイトの男(39)と同店従業員の女(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年12月31日午後3時ごろ、同県伊丹市藤ノ木1の商業施設「イオンモール伊丹」で共謀し、ステーキやしゃぶしゃぶ、すき焼き用の高級肉約4キロなどを盗んだ疑い。男が商品を買い物かごに入れ、カートに乗せたまま一人で店外に出たところを警備員に見つかった。

 同署によると、男は女の自宅に同居しており、「(女の家族の)世話になり、食べさせたかった」と容疑を認める一方、女は「お金を払うつもりだった」と否認している。逮捕時、女は約130万円、男も約9万円の現金を所持していたという。



posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年で最も静かな夜

自宅はJRや私鉄のすぐ側という事もあって深夜でも一定量の車が走行する場所ですが、今日は驚くほど静かです。車が走行する音が全くいっていいほど聞こえない。

もしかして雪が降っているのではないか?

雪の夜は車も少なくてとても静かだ。窓から外を見てみると小雨模様で道路がぬれて光っているだけ。年末年始という事もあって家族そろっての団欒に時を過ごしている人が多いのでしょうね。

開けましておめでとうございます。
皆さんにとって良い年でありますように。





posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする