2017年04月30日



部屋探しって意外に楽しい

今住んでいる場所はとても利便性が高い場所だけど、もし、希望している在宅勤務の仕事が見つかったら郊外引っ越したいと思っています。駅から近いしコンビにって4件もあるけど、もし在宅勤務が叶わないとしてもこんな便利な場所に住む必要はない。

昨夜、物件を探していると、ここの家賃で郊外の築年数が古い一戸建て賃貸があったし、ここと同じ広さで家賃が6割程度の物件が結構あった。

ただね、今は無職だから契約は難しいだろう。家主が一刻も早く借家人を見つけたいと思っている物件でなければ容易ではないだろうな。ただ、保証人はしっかりしているからスムーズに進む可能性もある。

今後の2〜3ヶ月ぐらいの展開次第で引っ越すかどうか考えてみよう。
posted by 管理人 | Comment(2) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


1つ1つ片付けていく

今現在は無職なので時間は十分にあるのですが。この1週間は疲れ果てた身体を癒すことに専念した。先週は激動の日々だったので部屋が荒れ放題になっていてこの数日間は部屋の掃除に励んでいるけど、なかなか片付かない。

こういう状況なので、この際、大掃除をしようと思っているんだけど、大掃除という事になるとどうしてもうんざりするというかやる気が湧いてこない。そういうわけで考え方を変える事にした。

1つ1つ片付けていこう。
コツコツとやっていこう。

日々、少しずつやっていけば数日で大掃除が終わるだろうし、そういうスタンスで臨めば気力が失せる事もない。という事で今日も少しだけ掃除をした。今のペースなら3〜4日もあれば完了しそうだ。

今日の昼はとても天気が良くて気温もかなり上昇した。実は3ヶ月ほど前にベランダに出る時に網戸を壊してしまいそのまま放置していたのだけど、ぼちぼち網戸が必要になる季節がやってきた。

網戸の張替えは数万円するだろうなと思っていたので、今の経済状況ではちょっとなぁと躊躇しつつも一応ネットで調べてみる事にした。すると驚くような価格だった。

1500円? 嘘だろ! こんなに安いとは思わなかった。早速、注文をしました。材料費はさほど高くないかもしれないが職人さんの人件費が高いだろうと思っていたので、安くても2万円ぐらいするだろうと考えていた。あまりの安さにほんと驚いた。こんな事ならもっと早く頼めばよかったなぁ。

私の部屋は南側の角部屋なので日当たり抜群だしベランダ側の戸を開けて玄関の扉を少しだけ開けると室内に置いている紙などが宙に舞うぐらい風が吹き抜けるんです。一瞬で空気の入れ替えが出来る。

この記事を書いていたら業者さんから電話が掛かってきて来週の金曜日に来てくださるとの事。なんとスピーディな! 実にありがたい。

さて、今から少し部屋掃除をしてお風呂にでも入ろう。時間の縛りが無いので自分のペースで臨機応変にね。明日も天気が良さそうだから布団でも干すかな。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


「わが社には有給休暇制度は無い!」と言うのは嘘です

社員が有給休暇の申請をしたところ、「わが社には有給休暇制度は無い!」と却下されたというケースを少ないながら耳にする事があります。

これは真っ赤な嘘です。

有給休暇制度は会社が取り入れているか否かではなく、労働基準法で定められている労働者の権利なのです。

業種、業態にかかわらず、また、正社員、パートタイム労働者などの区分なく、一定の要件を満たした全ての労働者に対して、年次有給休暇を与えなければならない。(労働基準法第39条)

● 通常の労働者の付与日数

継続勤務年数 0.5  1.5  2.5  3.5  4.5  5.5  6.5

付与日数   10   11  12   14  16   18   20 

当然の事ですが、現状は従業員が申請しなければ付与されません。

ただね、私は思うのだけど、この有給休暇の申請にあたっては会社の業務も考慮して日程をどうするのかについては会社側と協議するのが理想かなと思います。

因みに時効は2年です。私の場合は40日残っていたのですが、有給休暇に入る直前で解雇されてしまいました。ww

スポンサードリンク








posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


韓国旅行に行く人はスゴイなと思う

まあ人それぞれに考え方は違うわけですが、朝鮮半島がこういう状態の時に韓国旅行に行く人はスゴイなと思う。

怖くないのだろうか?

まあ、今回のリスクが生じる前から予約していて・・・という事なのかもしれないけどね。


posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日



大きなミスを犯す事無く現場を離れてホッとしている

身体上の理由で急転直下の警備員解雇となり驚きましたが、同時に大きなミスを犯す事無く現場を離れてホッとしている部分もあります。

施設警備員をしている人は皆そうだと思いますが、大きなミスを犯したり有事に的確な対応が出来なかったらどうしようという不安の中で仕事をしていると思います。

私は毎日そういう不安が頭にあって、もしそういうミスを犯したら、いや、仮に周囲が警備員のミスではないと言ったとしても自分の感覚で大失敗だったと判断すれば辞表を出すつもりで勤務してきましたから、そういう最悪の事態に直面する事無く現場を離れてとても安堵している。

まあ、経緯は抜きにしてね。

警備員として働いたこの8年半の間に、自分が大きなミスをしてしまう夢を何度見た事だろう。こういう形でそういった不安から解き放たれるとは思わなかったけど、何はともあれホッとしたという思いがとても強い。

大きなミスで依願退職するような結果になったら長期間に亘って立ち直れないだろうけど、身体的な理由での解雇なので精神的なダメージはゼロだ。今はとにかくホッとしたという思いが全てという感じですね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする