PAGE TOP

2018年02月06日

今シーズン最大量の積雪

今日は今シーズン最大量の積雪になっていて今も雪が降っています。最大量といぅても、元々そんなに雪が降る地域ではないので多寡がしれているのですけどね。

ちょうど窓から外の様子を見ている時に50代くらいの男性が転倒する瞬間を見てしまいました。横倒しに倒れたような状況だったので直ぐに起き上がっていましたから怪我がなくてなによりでした。

その後、3人ほどの男女が走っていて「危ないなぁ。」と思っていましたが、この人達は全く滑る気配もなく私の視界から消えていった。電車に乗り遅れそうだったのでしょうね。
最近は雪道や凍結した道で滑らないように靴に装着するすべり止めスノースパイクを利用する方が増えているそうです。まさに、転ばぬ先の杖って感じですかね。

私は今、自宅で仕事をしていますので電気代がすごく高くなって悲鳴を上げています。電気代が12000円を超えていますから。かなり節電をしてるのにこんなに高いなんて参ってしまう。

水道光熱費が1カ月で23000円ですからねぇ。、
これは堪えます。

早く暖房を必要としない時期が訪れて欲しいものです。


posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

工事現場での重機死亡事故 ブレーキとアクセル踏み間違え

2日に大阪の工事現場で重機が警備員の制止を振り切って歩道に突っ込み5人がィ称する事故が発生しました。運転手は「ブレーキとアクセル踏み間違えた。」と供述しているようです。

お亡くなりになった方とご家族、また、重軽傷を負われた方達にお悔やみ申し上げます。

報道では重機という事だったので「クレーン」などの大型タイプの車と思ねっていたのですが、映像を見ると工事現場などで整地などをするブルドーザーのようですね。

ブルドーザーはスピードは遅いですから、これほどの大事故になるイメージはなかったのですが・・・。

警備員も必死に止めようとしたようですが、運転手がレーキとアクセルを踏み間違えた状態では如何ともし難い。
普通乗用車のアクセルとブレーキの踏み間違い事故はたまにありますがブルドーザーでこのような大事故が起こった話は聞いた事がない。

警察には、踏み間違えに戴いて至った経緯などをしっかりと捜査して戴いて原因究明をして欲しいなと思います。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

バックしてきた除雪車に警備中の作業員が轢かれて死亡した事故

1月30日夜に、バックしてきた除雪車に警備中の作業員が轢かれて死亡するという事故が発生しました。どういう状況で事故に繋がったのかは報じられていませんが、昔、舗装工事中に警備員がバックしてきたローラー車に轢かれて死亡する事故がありました。

後進誘導中に警備員が転倒した事と運転手の後方確認が不十分だった事が事故の原因でした。複合的な要因で痛ましい事故になってしまった。
スポンサーリンク


警備員がバック誘導しているシーンを見ていると、たまに車の真後ろに近い場所に立っていたり体を車に対して垂直状態で誘導している人がいます。

たぶん新人さんだろうとは思うのですが、そういう誘導は非常に危険です。

それと歩幅が小さい人も同様に危険です。歩幅が小さいと安定感が悪いですからバランスを崩して転倒するリスクが高まるからです。道路の段差でつまずいたりします。

交通誘導現場では、ちょっとしたミスが命取りになる事もありますから、十分に注意したいものです。

また、警備員に実務指導をされる立場の方は、過去の事故事例を説明したり、危険な誘導方法をしていないかを定期的に巡視しながら的確なアドバイスを行うとベターだと思います。
スポンサーリンク






posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恵方巻協奏曲 もはや迷走?

皆さんは恵方巻を食べられましたか?

今年の販売量はまだ発表されていませんが、私の行きつけのスーパーではかなりの販売不振だったようで売れ残りが半端なかった。午後10時には半額になっていたけどお客さんは眺めたり手にするだけで買う人はほとんどいなかった。

私も半額だから買おうかなと一旦はカゴに入れたものの元の棚に返した。だって元々の値段が高いから半額になっても大して割安感を感じなかったから。

そもそもこのイベントは無理があると思うのですよね。無理やり作ったイベントという感が拭えない。

因みに恵方巻は店頭に並ぶ前に決して少なくない具材などがリサイクル飼料の会社に持ち込まれます。ここで選別加工して豚のエサになる。

なぜ店頭に並ぶ前に捨てられてしまうのか?

それは、製造会社とコンビニなどの小売店との間で結ばれている契約があるからです。「欠品して販売ロスになればペナルティを支払っていただきますよぉ。」という趣旨の契約がある。、だから、製造以降上では注文量よりも多く作るのです。

もったいないなとは思いますが、豚のエサになっているのだから、全く無駄になっているわけでもない。まあ、リサイクルと言えばリサイクルなわけで。一番うれしいのは豚さんかな?「今日のご飯は美味しいなぁ!ブヒっ!」みたいな。

恵方巻の具材も近年はバラエティに富んでいて、海苔巻きの中にヒレカツやサラダ、中には牛タンもあるというのから驚く。行きつけのスーパーで迷った挙句に買わなかったのはセットの中にヒレカツやサラダ巻きが入っていたから。巻きずしと魚の刺身類なら買うのですが、「レカツかよぉ」って感じ。

販売戦略の為にアイテムを増やしたりオリジナリティを追求するのはよく分かるのですが、ここまで具材が進化すると逆に敬遠してしまう。私の眼にはもはや恵方巻イベントは迷走しているとしか見えないのですが、他の消費者はどのように見ているのだろうか?
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然たい焼き? 

昨日、所用で出かけた時にふと目に留まったお店。看板を見ると「天然たい焼き」という文字が。以前は別のお店が入っていたのですが、昨年の12月に新たにオープンしたけ「たい焼き屋」さんらしい。

お店の名前は「鳴門鯛焼本舗」で大阪本部のチェーン店。最後にたい焼きを食べたのは10年ぐらい前だったので用事を済ませたら帰りに買う事にした。

たい焼き屋さんといえば中心街から少し離れた場所にあるというイメージがありましたが、ここは都会の中心部ですからちょっと珍しい。
帰りに立ち寄ってみると、お店の前は総ガラス張りで目の前で焼いている職人さんの手つきの良さが食欲をソソる。

一般的に、たい焼き屋さんは「アズキのこしあん」「粒あん」「白あん」などがあるけど、お店におっては「カスタードあん」なんかもある。

さて、「何を食べようかなぁ」と思ってメニューを見ると「十勝産の小豆あん」「鳴門の金時芋あん」の2種類だけでちょっと意外。他には「アイス入り」が2種類あったけど、とても寒かったのでアイスはパス。

「イモあん」は食べた事が無かったので、これを注文した。

「熱いのでお気をつけください。」との店員さんの声。早速食べてみると確かに熱くて口の中を火傷しそうだ。焼きたてですからねぇ。

「うっ ウマい!!」こんな美味しいたい焼きは初めてだ。薄い生地だからパリッとした仕上がりでサクサクの食感がたまらなく美味しい。中にあんこが入っていなくても十分に美味しいのだ。そして中身のイモあんも程良い甘さで実に旨い。

たい焼きを食べる時はいつもしっぽから食べていたので今回もそうしたのだけど今回は残念だった。頭から食べるべきだった。尻尾のカリカリ感があまりにもグッドで、しかも生地自体がとても美味しいので、最後はしっぽで締めくくるべきだった。

もう1個「あずきあん」を食べようかなと思ったけど食事前だったので次に訪れた時のお楽しみという事で。次回は「あずきあん」と「アイスクリームたい焼き」を食べよう。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。