2011年01月02日



警備員指導教育の責任者への苦言


警備会社には指導教育責任者の資格所持者が警備員の指導教育の責任者として従事しています。新任教育や現任教育、また、常日頃の教育指導を行うわけですが、法律上の警備員指導者としての資格はありますが、実質的な意味で資格を備えている人は極めて少ないと私は思っています。

彼らの多くは、元々は現場勤務を行っていたのですが、警備業界用語である「内勤」という立場になって次第に経営者側の論理に染まってしまいます。その事の全てが悪いという事ではありません。内勤をやる以上、経営者的な見方や判断をするのも大切な事です。

しかし、指導教育責任者、指導教育の責任者という立場の人は、中庸でなければなりません。すなわち、経営陣としての視点を持ちつつも警備員としての視点を忘れてはならないのです。

あくまでも私の個人的な考え方ですが、「デスクワーク専門の教育責任者」に警備員教育を語る資格は無いと思っています。誤解のない様に正確に言えば、「デスクワークしかしていない教育責任者」という事です。

ここまで読んで「頭に来た!!」と思っている教育担当者に質問をします。

あなたは、自社の警備員1人1人の現場での仕事振り、技術レベル、言葉遣いや行動、目配りや気配り、近隣の人達への接し方がどうであるのか?事細かに即座に返答出来ますか?

どういう考え方の持ち主で、どういう家族構成か? 即答出来ますか?

各工事現場の監督や作業員の方々の性格を熟知していますか?

そういう事を熟知した上で初めて指導教育的立場の土俵に立つ事が出来るのです。あくまでも土俵に立てるだけです。もっと出来なければならない事は山ほどあります。そういう条件がクリア出来て、初めて指導教育が出来るのです。

現場で働く警備員に対して「あれが出来ていない。これも出来ていない。」と注文を付けるだけで具体的なアドバイスや相談に乗れない責任者では話にならないと思うのです。

(続く)





posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。