2011年01月07日



交通誘導で必需品の安全靴


交通誘導の現場では何が起こるか分かりません。

特に注意したいのはクレーン車などのアウトリガー。

車体の横に張り出す安定装置です。

交通誘導に気を取られて、足がアウトリガーの下敷きになる事故は比較的多く発生しています。

こういう際に威力を発揮するのが「安全靴」です。


安全靴・作業靴ならミドリ安全






posted by 管理人 | Comment(2) | ■ 警備員の必須グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今更ですが、あけましておめでとうございます。
今年もちょこちょこ遊びに来る予定ですので。しかし、年明けそうそう耳が痛い内容がおおいですね。まぁ、お互い立場違えばみたいなところもありますが、志を高くもってがんばりましょう。

さて、安全靴の話題ですが、交通誘導ではアウトリガーの他、車両の通路に敷かれる鉄板が特に危険です。重量のある車両が通過した際、鉄板が持ち上がり足を挟むことがあり、万が一の時に安全靴が有効に働きます。
この他、釘や鋼材などの危険も多いです。

施設警備では、重量のある防火扉をなんらか理由で開放し続ける際にも足の巻き込み防止に役立ちます。

保安警備等では、足ふまれによる離脱の防止。

現金輸送では、ジェラルミン等の荷物落しによる足の保護。 などなど安全靴が役立つ機会はかなりおおいです。

欠点は、
鋼入りの安全靴は重量が重く足が疲れること。
材質によっては、足跡が大きくなること。
材質によっては(安価な物に多い)、底が固く足が痛いこと。
通気性が悪く、夏は蒸れるし、冬は冷えることです。

私自身デスクワークの指教責ですが(笑)、仕事の時はデスクでも何年も革靴タイプの安全靴を必ず着用しています。デスクワークにまったく安全靴の恩恵がなく、誰も知らないことなんですがね・・・
Posted by とある警備員指導教育責任者 at 2011年01月08日 11:03
とある警備員指導教育責任者さん 明けましておめでとうございます。

お互いに頑張りましょうね。そして良い年になりますように!また、警備業界が少しでも良い業界になりますように!!

私は直球勝負というタイプなので、ついつい辛辣な記事を書いてしまいます。しかし、この業界には問題点が多いのも事実です。

特に教育の問題は惰性ではなくて視点を変えたスタンスで臨むべきだと考えています。

安全靴は必需品ですが、おっしゃる通り痛しかゆしという部分がありますよね。鋼入りの安全靴は確かに重いし動きづらいです。昔は私も履いていましたが履き心地は良くないです。

安全と機動性にどう折り合いをつけるかでしょうね。最近はその中道みたいな安全靴もありますしね。

本年もよろしくお願い致します。
Posted by 管理人 at 2011年01月08日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。