PAGE TOP

2011年08月31日

どんなに深い苦しみも悩みも必ず大きな意味がある。

「毎日がハッピーだ」「人生、バラ色だー」

そういう人生を送っている人もいるでしょうが、程度の差こそあれ苦しみと悩みを抱えながら日々を過ごしている人の方が遥かに多いと思います。

ため息をついたり、深く落ち込んで酒に逃げたり、時には涙を流したり・・・

それはそれでイイんです。人間ってそういうものだから。時には心の中にたまった灰汁(アク)を洗い流したり発散させたりして心の調和を保つのが人間の本能であり叡智でもあるのですから。

時には立ち止まる事も必要ですが長居は無用。少しだけ心の休息をとった後には、また前に向かって歩くべきなのです。どんなにシンドくてもね。

自身の身に降りかかっている苦難や苦悩というものには必ず何らかの大きな意味があると思うのです。マイナス思考の人にとっては単に塗炭の苦しみに過ぎないかもしれないけど、天の意思に基づいた試練だと思えば、その人にとって「気付き」のチャンスであったり、新たなステージに達する為の生みの苦しみであったりという事になる。

物事をどう捉えて、どう向き合っていくかによってプラスにもマイナスにもなるのです。

苦しい時にはとことん苦しんだらいい。その苦しみが血となり肉となるのです。

強風に吹き晒されてもしなやかに受け流す竹の強さは、上に伸びる度に出来る節によるもの。苦しみや悩みは竹の節のようなものかもしれません。

フシを作りながら天を目指して伸びる竹のように、どんな艱難にもめげずにもくもくと前に進んで行こうではありませんか。




posted by 管理人 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイトルの文章は、過去に父親が亡くなって葬儀の際に、葬祭センターの方に言われた事があります。


私が学生の時に亡くなってこれからどうしようと落胆していた時に言われました。



当時は感情が不安定で頭には入らなかった言葉ではありますが(・ω・)



私の会社は、最近人材不足に陥り始めてます。


会社の待遇が良くならない事と、派遣先に対する各自の不満が人離れを起こしているのですが…。


次のステップに向かって業界から卒業していく方を引き留める事も私はしませんし。

仕事に不満を言ってモチベーションを下げて辞めていく方を引き留める事もしません。


私が現場の責任者クラスだから、そういう発想になるんだろうと自分では思ってますが、管制の人にとっては頭の痛い問題でしょうね。


努力した人間が全て報われるなんてあり得ない世界なんでしょうが、私は自分で考えて色々試そうとする隊員は大切にしたいです。


私を慕ってくる隊員は、私が隊長になれば、みんな楽しく仕事ができると言ってくれますが。

同じ責任者クラスの人間から言わせると私は発言力が弱いそうです…。

加えて自身の転職も考えている状況…。



力いっぱい悩んでみようと思います。

Posted by さくら at 2011年09月01日 14:15

会社に対する不満、クライアントに対する不満を持っている警備員は少なくないと思います。少なくないというよりも大半ですかねぇ。

私の会社・現場でも様々な問題があって退職する人が少なくありません。会社に対する不信や警備員としてモチベーションを維持出来ずに次々とリタイアしています。

自分の人生設計のシナリオに基づいた既定路線で退職するのなら好ましい事ですが、不平不満が原因で辞めるというケースではどんな業界へ転職しても同じ道を辿る人が多いのも事実です。

不平不満を嘆く人が多いのですが、それらを解決、もしくは乗り越える為の方策を練った方が実りがあるようにも感じます。

今後の人生をどう歩むのかという方向性を描いて「今は何をすべきか」「来年は何をすべきか」という論理的な思考パターンを持つ事が大切な気がします。

先が見えない人生に不安を感じる人が多いようですが、先が見えないからこそ面白いのではないかと思うんですよね。

Posted by 管理人 at 2011年09月02日 01:23
『天の意思に基づいた試練だと思えば、その人にとって「気付き」のチャンスであったり、新たなステージに達する為の生みの苦しみ』
私も本当にそう思います。しかし、試練の失敗が自分以外にも及ぶケースあったりして、落ち込んだりします。
毎回、完璧な業務対応を行おうとしているのですが、不徳かボケかミスの連続です。
とにかく、挨拶と元気だけは、一番で頑張るのみです!
今回の記事は、私にとって、ナイスタイミングでした。
いつも、ありがたい記事、ありがとうございます!
Posted by 燈明日記 at 2011年09月02日 17:34

燈明日記さんの常に前向きな姿勢には大いに学ぶべきものがあります。実に素晴らしいと思います。

私は元々が経済・金融・政治等の分析や予測を生業にしていた関係で些細な事に対しても細密な分析をする習性があります。その経験の中で、経済であれ、政治であれ、一個人の出来事であれ、必ず原因と結果があって、その分析が的確に行われれば良い流れや結果を導き出す事が出来ると考えています。

「自分自身を冷静に分析する」

多くの人がこれをやっていないんです。ニュートラルな目で自己分析をする事はとても大切な事です。

誰でも少なからずミスはしますが、もし、ミスが多く出る場合には必ずハッキリした原因があります。同時にそういうミスを完璧に近い形で防ぐ手段も存在します。

ミスには必ず幾つかのパターンが存在し、そのパターンはほんの僅かな種類しかないのです。

Posted by 管理人 at 2011年09月02日 23:08
管理人さま、良きアドバイス、ありがとうございます。
「自分自身を冷静に分析する」
「ミスが多く出る場合には必ずハッキリした原因があります。同時にそういうミスを完璧に近い形で防ぐ手段も存在します。」
冷静に分析してみます。
ありがとうございました。
Posted by 燈明日記 at 2011年09月05日 18:54

良い結果が出ますように!


Posted by 管理人 at 2011年09月06日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
(br)(br) (br)(br)