PAGE TOP

2012年01月30日

警備員がタクシー強盗に立ち向かう!

29日午前5時25分頃、京都市下京区烏丸通七条上るの路上で、停車していた個人タクシーに外国人の男が近づいて運転席側のドアを開け、「マネー、マネー」と金を要求し、男性運転手(61)ともみ合いになった。

 通りかかった男性警備員(35)が止めに入ったところ、男は警備員を殴って走って逃げた。運転手が顔や腕などに軽傷。

 約10分後、同じ男とみられる外国人が、約250メートル南の路上で信号待ちしていた別のタクシーの運転手(49)にスタンガンのようなものを突きつけて降車させた後、車に乗り込んで逃走。運転手にけがはなかった。

 京都府警七条署が強盗傷害事件として捜査。男は西洋人風で30歳前後、身長約1メートル80の細身で、黒っぽいパーカーにズボン姿だった。

 タクシーは約6時間後、約140キロ離れた兵庫県内の路上で、同県警の捜査員が発見したが、男の姿はなかった。

【読売新聞より引用】


この警備員さんは勇気がありますねぇ。

最近のタクシー強盗は刃物を持っているケースが多くて、しかも運転手さんを殺害するという事件も多いですから、こういう犯罪者に立ち向かうというのは強い正義感と勇気がなければ難しいと思います。


この記事へのコメント
引退間近なので記念に書き込み。あの服装でナイフ等の刃物ならドクター刃以外無いのですが。体型が判るピチピチのタイツ系。未だにあるとは思ってもみませんでした。
Posted by 引退間近の人 at 2018年09月01日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
(br)(br) (br)(br)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。