PAGE TOP

2012年04月11日

警備員をしながら新たな道を模索する

大手の警備会社では給与水準もまあまあで福利厚生もしっかりしていて退職金制度もありますが、警備業界の大半を占める中小零細企業では給与水準も低く福利厚生らしきものもなく、退職金なんてものは存在しないといっても過言ではありません。

しかも日給制度ですから、仕事を休んだり仕事が無かったりすると収入が減る事になります。それどころか、本来は有給休暇制度が法的に義務付けられているのに全く無視されているのが実情です。

定年退職をして第二の人生として警備員をしている人なら問題は少ないでしょうが、それ以外の人達、特に年齢が若い警備員は、いつまでも警備業界に身を置いていてはいけないと私は考えています。

若い警備員の人達は、とりあえず警備という仕事で生計を立てつつ新たな道を模索するという事をもっと真剣に考えるべきだと思うのです。

異なる業界の資格を取るも良し、自分の得意なジャンルの勉強をしてスキルアップを計るも良し、自営業を目指すも良し。

警備員という仕事にどっぷりと浸かって明日に対する備えを怠ってはダメなんだ!

私はね、警備業界が大きく変わらない以上は、警備員という仕事は腰掛けであるべきだと思っています。もちろん、私も100%腰掛け人です。新たな道の足掛かりが出来るまではこの仕事を続けるけど、目指す道への足掛かりが出来ればこの業界から去るというのは当初からの規定路線です。

もっとも、腰掛けだからと手を抜いたり適当に仕事はしていません。いつも言うように人としてのプライドの問題だし、腰掛けだからと適当な仕事をするような人に新たな道なんて見つかるわけもない。

警備員をしながら新たな道を模索するという事を真剣に考えるべきではないでしょうか?
posted by 管理人 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■ 警備員全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さんお久しぶりです。
確かにその通りですよ。

只このご時世なかなか仕事が見つからないし。困り
ほんとになんとかしたいですね。
Posted by かー at 2012年04月12日 22:20

お久しぶりです。

会社と労働者の間で雇用のミスマッチが多くなっている感じですね。

まずは自分の強みを見つけて、そのジャンルの勉強に励む事がベターかもしれませんねぇ。

Posted by 管理人 at 2012年04月12日 23:41
ありがとうございます。
どこの警備会社も似たようなものですねぇ。

うちの会社も新しい警備員来ますけど、採用基準が。管理人さんの警備会社と似たようなもの。

内心呆れていますけどね。困り
Posted by かー at 2012年04月13日 01:26

そうですねぇ。

ただ、最近は「採用基準を見直そう」という流れが出てきています。

しばらくは誰かが辞めない限り採用は先の話になりそうですけどね。

Posted by 管理人 at 2012年04月13日 12:49
こんにちわ(^-^) うちの警会社も中小企業で2号警備の福利厚生は残念ながらありません(>_<)

若い人達にはやはりむかない仕事なんですかね(T_T)
自分は体を動かせるのでもはや好きでやってます!

ゆくゆくは上を目指して今現在極めてる途中です(笑)
Posted by のんのん at 2012年04月13日 15:20

お疲れ様です。

ウチなんか、福利厚生どころかボーナスもありませんから。

そうですねぇ。やはり現在はもとより将来に亘っても生活の安定という面で、あまりにもキツイかなぁと。日給制ですからね。

とにかく、警備関連の資格を取りまくる事が大事ではないと思います。

Posted by 管理人 at 2012年04月13日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
(br)(br) (br)(br)