2012年05月07日

あなた、リンク出来てますか?

以前に警備報告書を見ればその人のレベルが分かるという話をした事があります。毎日、部下達の警備報告書をチェックしていますが、その優劣の差は歴然としていて、レベルの高い仕事をしている人の警備報告書は読み応えがあるしネタが多いのです。

とても細かいところまで目が届いているし対応が素晴らしい。

施設警備では1つの事案に関わる際は必ずと言っていいほどリンク(関連付け)する案件があります。1つの事案の流れの変化によって別の作業が生じたりするのです。しかし、仕事が出来ない人は全てが単発で終わってしまう。

「これが、こういう風になったのだから、あれをしなきゃならないだろう。」
こんな感じですかね。ちょっと例を出すのは難しいのですが、何となく分かっていただけるかと。。。

施設警備員だけではなく交通誘導警備員や雑踏警備員にも同じ事が言えます。いえ、どんな業種であろうと同じという事になります。事務職であろうと営業職であろうと技術職であろうと全ての職種に当てはまります。

仕事というのは常にリンクしているもの。

常に頭が整理されていて、尚且つ、仕事の流れがリンクされていなければなりません。逆の言い方をするとリンクされていないという事は頭が整理されていないからです。

実は、気が利く人と気が利かない人の差は
仕事が関連付けられているか否かの違いなんです。
これは仕事をする上でのキモ!!


「この事案がこういう結果になりましたので、あの件に対してはこういう風に対応しました。」という日報は仕事が出来る人、気が利く人の特徴です。

クライアントからすれば、痒いところに手が届く人という事になる。

あなたは、仕事をする上で、頭の整理とリンクは出来ていますか?
posted by 管理人 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頭の整理とリンク。

年長の大工さんや職人さんとかが語る
先を読んだ段取りって言うものでしょうか。

段取りの上手い人は実務を良く知っているから
仕事が早く、それでいて余裕があるから
仕事の質が丁寧なのよ。
そして、困った時は培った経験と知識が後押しして助けてくれるから、
長く続けることもとても大切ね(*^^*)

と、昔の職場の女性の上司が
とよく言われていたのを思い出しました。
Posted by 心 at 2012年05月07日 21:42

そうなんです。

警備員というのは職人的な要素が必要なんです。

職人・・・

記事のネタが浮かびました。

心さんのおかげで記事が1つ書けそうです。
ありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2012年05月07日 22:48
頭の中を整理するには、まず部屋の整理整頓からせよと
脳科学の本に書いてました。
部屋の整理や掃除も手際が大切ですから。
手際を良くするには関連力が必要なのでしょう。
Posted by 自宅外 at 2012年05月08日 08:47
いつも読ませていただいてます。
自分なりの感想というか補足をblogに記させていただきました。
Posted by 茶尾 at 2012年05月08日 16:32

自宅外さん こんにちは

おっしゃる通り、関連力が非常に大切だと思います。

Posted by 管理人 at 2012年05月08日 17:10

茶尾さん はじめまして

いつもご覧戴いているとの事、誠にありがとうございます。

ブログの記事を読ませて戴きました。

イメージトレーニングは非常に大切な事ですが私が書いた記事の主旨とは方向性が異なります。

「あなた、リンク出来てますか?」というのは、「あなたは仕事を関連付けるという作業を行っていますか?そういう事が出来ていますか?」という意味です。

言い方を変えれば、当初やるべきだった内容と実際に起きた内容に差異や変化が生じた際には、1つの変化に対して方向性を変えたり新たに関連した追加作業をしなければなりませんが、そういう関連付けが出来ていますかという事です。

1つの変化によって新たにやるべき事が2つになったり3つになったりするという事です。

ある意味でイメージトレーニングとは対極にあるという感じですかね。変化に対して仕事を関連付ける、すなわちリンクさせるという意味です。

ちょっと詳細で具体的な記事内容ではなく、全産業、全職種を対象にした記事ですので分かり辛かったかもしれませんねぇ。

警備的発想を捨てて読んで戴ければ、また違った感想を抱かれるのではないかと。。。

特に営業職という仕事をされている人にとっては思い当たる事が多いのではないかと思います。

発想の幅、業務遂行の幅を広げる、1つの作業と他の作業を関連付けて行う事の必要性を説いた記事だとご理解戴ければと思います。

Posted by 管理人 at 2012年05月08日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック