2012年06月20日

交通誘導技術が飛躍的に上達する秘訣

交通誘導警備員としての技術力が上達する為に欠かせないのは「足さばき」です。これをマスターすれば交通誘導技術は格段に上達する事は間違いありません。

交通誘導で必要になる足さばきは空手の足さばきとボクシングの足さばきの中間という感じでしょうか。まあ、どちらでもイイと言えばどちらでもイイわけですが、出来れば中間タイプが良いと思いますね。

片側通行の腕を上げる為に多くの人が意識するのは上半身の事ばかりではないでしょうか?確かに上半身の使い方は大切ですが最も大切なのは下半身の使い方です。すなわち足のさばき方という事になります。

こういう風に書いて「なるほど!」と思う方よりも、「なんだ?それは?」という人が多いかもしれません。いや、ほとんどの人がそう思うかもしれない。

1つだけ、ヒントを!

イメージとしては、ボクシングの試合でロープ際に追い込まれてラッシュを浴びそうになった時に、スルリと体を入れ替えて相手の後ろに回り込むシーンがありますが、まさに「あのシーンの足さばき」です。

今はユーチューブなどでボクシングの試合を見る事が可能です。バンタム級以下のクラスの世界戦が最も参考になると思います。これをマスターすれば誘導の際の動きがとてもスムーズに、そして美しくなる。一種の芸術みたいな感じですかね。

誘導している姿は美しくあらねばならない。誰もが見とれるぐらいにね。
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 交通誘導警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック