2016年06月24日

精神を病んでいる人が多い

東京・立川市のマンションで24日午後、警備員が玄関に血痕があるのを見つけ、同室に呼びかけをしても応答がないとの事で警察に通報。室内で女性3人が血を流して倒れているのが見つかり、その後、1人が死亡するという事件が発生していた事が判明しました。

最近こういう事件が多いですね。先日の通り魔もそうですが精神を病んでいる人がかなり多いように感じます。

昔も家族を殺害するという犯罪はありましたが、最近は異常に頻度が高いような印象がある。家族関係の変化や社会の中での格差が大きく影響している感もある。

(以下はJNN記事より転載)

24日午後、東京・立川市のマンションで母親と娘2人がけがをしているのが見つかり、このうち次女が死亡しました。警視庁は、長女が次女と母親を刺した後、自殺を図ったとみて詳しく調べています。

 24日午後3時半すぎ、立川市のマンションの一室で「玄関に血痕がある」「呼びかけても応答がない」と警備員から通報がありました。

 警察官が駆けつけたところ、この部屋に住む80代の母親と50代の長女と次女の3人がけがをしているのが見つかりました。次女は複数か所を刺されていて、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。母親も背中を切られてけがをしました。

 長女は、「包丁で妹を刺した。母親も殺して自分も死のうと思ったが、死にきれなかった」と話しているということです。

 警視庁は、長女が次女と母親を刺した後、自殺を図ったとみて詳しい経緯を調べています。
posted by 管理人 | ■ 警備関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする