PAGE TOP

2016年07月30日

最低賃金が24円アップ予定。秋の国会で有給休暇制度の変更も予定。

最低賃金が24円アップする予定との報道がありました。あくまでも加重平均ですから地域差はありますが実にありがたい事です。安倍政権は良い仕事をしてますねぇ。

大手を除く警備会社の大半は最低賃金を満たせば良いという情けない現状です。「最低賃金とは何ぞや?」という事を考えた事も無いのかもしれませんね。もっとも、それを承知の上で警備員をしているわけですから批判をするつもりはありませんが。

確か、10月から施行されると認識しています。

それと、秋の国会で有給休暇制度の変更が予定されています。

勘違いしている経営者もいるようですが、有給休暇の付与は義務なんです。有給休暇を付与出来るか出来ないかという話ではなくて法律上の義務だという事。

ただ、実情は逃げ道があるわけです。従業員が申請しなければならない。裏を返せば請求されない限り与えなくても良いと捉える事も出来ます。

しかし、今年の秋の国会では従業員からの申請がなくても一定の日数を強制的に与えなければならなくなる予定ですから会社の逃げ道が閉ざされる事になります。

さあ、果たして警備業界はどうするのでしょうか?

警備業界は法令遵守意識が低いですから摘発されるまでは逃げの一手という可能性もありますけどね。

「警備業界は法令遵守意識が低い。」等と書くと警備業界筋から非難を浴びるかもしれませんが、現に監視断続業務の規定に違反している警備会社が非常に多い。

過去の判例では、ことごとく会社側が敗訴しています。警備会社の業態では100%の確率で会社側が敗訴すると認識しています。

ちょっと話が逸れましたが、最低賃金の24円アップは非常にありがたいですね。勤務日数や時間によっても異なりますが、月間で約4000〜5000円の賃金アップが見込まれるのではないでしょうか。
posted by 管理人 | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(br)(br)