PAGE TOP

2016年09月15日

行動心理学を警備に活かす

行動心理学というものは実に面白く警備業務には欠かせないツールの1つだと考えています。行動心理という面から対面する人の隠された心理状態を探ったり、行動の裏に潜んでいるものを読み解く事で警備業務そのものだけでなく接客やクレーム対応においても、判断力や対応能力の幅が大きく広がる事は間違いない。

群衆の中から不審人物をキャッチする様々な方法があると今までに何度も書いてきました。これこそが行動心理学に基づいたものなのです。

多分、AI(人工知能)による不審者のピックアップや危険行動の予測においては行動心理学の要素が多く盛り込まれているのではないでしょうか。

JRなどがAIを活用した安全対策を開始していて、このAIのメカニズムを簡略に説明していますが、それはごく一部の概略に過ぎない事は言うまでもありません。細部に関してはAI開発業者の企業秘密という事になりますから。

そもそも、行動心理学とは何なのか?

ざっくり言えば、人の内面的な部分を観察するというアプローチではなく、人の行動の態様から心理分析を行うというアプローチという感じでしょうか。

要するに、人間が取る行動の観察から心理を紐解くという事。

行動心理学の見地から人を間接すると、人間の多くは同様の心理状態の時には同様の行動を取るという事がよく分かります。

例えば、ウソをつく時に表情を変えないようにコントロール出来たとしても、目・唇・足・手指などに不自然な動きが出たり多弁になったりするケースが多い。特に「目」はごまかしにくい。視線や瞳の動きですね。

警備の基本は「如何に早い段階で危険を察知し未然に防ぐか。」という事に尽きます。群衆の中から危険人物をピックアップするのもその1つですが、このような際には行動心理学が非常に有効になる。

警備業務において行動心理学は最も重要な位置を占めますから、本来は現任教育の必須科目として扱われるべきなのですが現状は全く俎上にも上らない、無関心という有り様です。警備業務においてどうでもいいような事には時間を割いて、最も必要な事には無関心。

警備業界は非常に不思議な業界ではある。

スポンサードリンク







posted by 管理人 | ■ 警備の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(br)(br)