PAGE TOP

2016年11月30日

「赤ちゃんが乗っています」ステッカーの意外な生い立ち

「赤ちゃんが乗っています」のステッカー。

娘が赤ん坊の頃は車の後方ガラスのところにいつも張り付けていました。

私はこのステッカーは、てっきり日本発祥と思っていましたがアメリカだったんですね。ちょっと意外だった。

それと、このステッカーの意味は「赤ちゃんが乗っていますから振動を最小限にする為にゆっくり運転しますから煽らないでね。急ぎの方はどうぞ追い越してください。」という意味合いで取り付けるものだと思っていた。

しかし、違ってたんですね。

「赤ちゃんが乗っています」マーク誕生の真実

 1984(昭和59)年、アメリカのベビー用品メーカーSafety 1st社が、世界で初めて「BABY ON BOARD!(赤ちゃんが乗っています!)」というマークを発売。考案者である同社のMichael Lernerさんは、交通事故で赤ちゃんが命を落とすケースが多かったことから、「周りのドライバーに注意を促し、子供の安全について意識を高めよう」という目的で作ったと、「ニューヨーク・タイムズ」1986年10月9日付の記事で語っています。(乗り物ニュース記事より抜粋)

まだまだ知らない事が多いですねぇ。
でも、なんか、懐かしいなぁ。

posted by 管理人 | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(br)(br)