2016年12月30日

≪札幌≫ 自称 警備員の男が強盗殺人未遂

この年の瀬にまさかという事件が発生しています。札幌で男性が刃物で刺される事件があり、現場近くで被害者のスマートフォンを持っている男が強盗殺人未遂の容疑で逮捕されました。

この犯人、警備員だと自称しているとの事。
うそだろ・・・。

もし、本当に警備員だったら、この男が務めている警備会社は大変な事になる。

(以下は毎日新聞記事より転載)

遊ぶ金欲しさに刃物で通行人を襲ったとして、北海道警札幌中央署は30日、新ひだか町静内吉野町3の自称警備員、酒井光輝容疑者(21)を強盗殺人未遂容疑で緊急逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前5時20分ごろ、札幌市中央区南6西1の路上で、設備工の男性(38)=同市白石区=の胸をカッターナイフで複数回刺し、携帯電話とダウンベストを奪ったとしている。男性は傷の一部が肺に達し重傷だが命に別条はない。

 同署によると、酒井容疑者は「遊びに行く金が欲しかった。殺して金を奪おうと思った」と容疑を認めている。面識のない男性をいきなり襲ったとみられる。通りかかった新聞販売店従業員が119番、署員が現場近くにいた酒井容疑者を見つけた。

 現場は市営地下鉄豊水すすきの駅近くで、繁華街ススキノの外れに当たる。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: