PAGE TOP

2017年01月01日

交通誘導警備員の泣き所 勤務日数の不安定さを緩和するには?

交通誘導警備員は日給制ですから月々の勤務日数に応じて給料が支払われる事になります。1月から3月にかけては季節的要因で仕事が少なくなる。クリスマス頃には年内の仕事はほぼ終わり(イベントはあるけど)、1月は少なくとも3日までは正月休みになるし、2月は稼働日数が少ない。そして3月の月末近くには公共工事が激減する。

季節的要因によって収入が大きく変動するのが交通誘導警備員の泣き所と言えます。梅雨時期は雨で中止になる現場も増えますしね。日頃から貯蓄をしていなければ大変な事になる。

この収入の減少を少しでも緩和する為に欠かせないのは次の3つです。

・交通誘導警備の資格を取る

これは絶対に欠かせない。1級を取ればベストだけど、まずは2級から。会社にとっては有資格者は非常に貴重な存在で近年は特に存在感を増しています。配置基準の問題などもあって有資格者を抱え込んでおかなければ契約できない現場が増えていますから、彼らに退職されると非常に困る。

また、現契約先に対しても新規開拓先に対しても有資格者の数は大きなアピール要因になり、営業政策上のキーポイントなります。

故に交通誘導警備の資格を持っている警備員は警備員需要が少ない閑散期でも優先して配置される事になる。仕事量が少ないという理由で有資格者に辞められるのは痛手が大きいのです。

警備会社にとっては有資格者の配置を優先させる事によって、それを不満に思う他の警備員が5人くらい辞めたとしてもやむを得ないというのが本音ではないでしょうか。

だから、交通誘導警備員はなんとしても資格を取らなければならない。自分を守る為です。

・技術力を高める

技術力を高めるといっても「一般の警備員よりも技術力が高い」程度ではほとんど効果が無い。誰の目から見てもレベルが桁外れに違うぐらいでないと効果は無い。

現場監督などは警備員の所作を見てないようで見ています。要するに値踏みをしているのです。警備料金は警備員の上手下手にかかわらず同じですから上手な警備員の方が良いに決まっている。ましてや、ずば抜けた技量の警備員なら警備会社に注文をする際に指名をする。

指名をしてくれる現場監督が多ければ多いほど閑散期でも仕事量を確保できる可能性が非常に高くなる。配置担当者は勤務日数のバランスを考えなければならないので「すみません。今、A警備員は他の現場に指名で入っておりまして1週間ほど動かす事ができないんです。申し訳ありません。」みたいな嘘で凌いだりするけど、お得意先ともなればそうもいかない。

技術力を極める事が欠かせない。もっとも技術力といっても2つ在る。片側交互通行などの現場をうまくさばく技術力と、ソフトな言動で本来ならトラブルに発展しかねない状況でもうまくこなす話術という技術力。一般的には「とても感じの良い警備員」。このタイプの警備員はクレームが起こりやすい現場などで重宝される。

・日頃から会社に恩を売っておく

警備会社の受注状況は増減が大きくて人手が足りない日が必ず出てきます。それに、お客様の発注忘れというケースも必ず出てくる。配置担当者が困り果ててしまうわけです。

時々でもいいから、こういう時に気持ち良く引き受ける。ポイントは渋々引き受けるのではなく「○○さんにはいつもお世話になっていますから私が出ましょう。」みたいに絶対に恩着せがましい事は言わずに引き受ける事。配置担当者からすると、「借りが出来た。」「助けられた。」という思いが強くて、暇な時期でも少しは優先して配置しようという気持ちになる。

この3点に留意していれば閑散期でも勤務日数はかなりカバーできるのではないでしょうか。

スポンサードリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)