2017年01月15日



警備員が万引き犯を取り押さえる 万引き犯罪について考えてみたい

万引き犯罪が後を絶たない。昨日、北海道で道建設部土木局職員の男(49)が万引きの現行犯で警備員に取り押さえられる事案が発生しています。

女性のタレントやモデルらの写真集4冊(販売価格計8712円)をジャンパーの中で脇に挟み書店で盗んだとされている。

万引き事件の中には生活に困窮してという印象を持つ事件がある一方で、何故こういう境遇の人がそういう犯罪に手を染めるのか不思議に感じるケースも少なくない。とても生活に困窮しているとは思えないケースだ。

今回の窃盗犯もそういう印象が強い。公務員で先月にボーナスが出たばかりですから。もし、万引きで逮捕されれば失職する事は分かっている筈で失う物が多過ぎる。

しかも、盗んだ品物が生活と直結しておらず嗜好品ともなれば尚更だ。

皆さんはクレプトマニア(窃盗癖)という病気をご存知だろうか?

もしかすると万引き犯の中にはそういう病気の人が意外と多く含まれているのかもしれない。

もし、あなた、若しくは家族の中に、万引きの衝動が抑えられなかったり常習性の傾向があるような人がいるとしたらクレプトマニア(窃盗クレプトマニア(窃盗壁))の可能性も考えられる。

次の記事では、万引き事件の幾つかのデータと、クレプトマニア(窃盗壁)の治療を行っている病院の紹介をしたい。

私は、警備員は犯罪を未然に防ぐのが第一の仕事だと考えています。クライアントの意向を受けて犯罪者を捕らえるべき立場ではあるけど、軽微な犯罪(警備という言葉に抵抗を感じる人も多いかもしれないが)を犯した人やその家族の行く末をを考えると胸が痛む部分もある。

もし、盗癖の傾向が見受けられるご家族や当人には、次の記事を是非見ていただきたい。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: