PAGE TOP

2017年01月15日

万引き犯罪の現況と窃盗癖(クレプトマニア)について 専門病院もある

前記事に書いたように万引き事件が後を絶たない。万引き犯罪の現況に関する幾つかのデータを取り上げましょう。

万引きの認知・検挙状況の推移
出典:警察庁

ほぼ、一定の万引き犯罪が起こっている事がお分かりいただけると思います。万引き犯の大多数が「万引きに対して犯罪意識に乏しい。」傾向があります。

下のデータですが、うまく画像の貼り付けができなかった。アナログ人間なのでご容赦ください。クリックしていただけると画像がご覧いただけます。


確保した万引き犯の職業別構成比

確保した万引き犯の性別構成比 2011年

万引き実態調査のグラフ

以下のデータは、出典:警察庁 ◎調査期間 平成23年2月1日〜4月30日までの3ヶ月間において 検挙した被疑者に任意で実施 。

・犯行動機等 ・店員(警備員)に捕まった時の心情 ・生活実態・警察に検挙されたことについてどう思うか ・他

窃盗癖(クレプトマニア)専門外来病院の存在は知りませんでした。こういう病院があるのですね。

こちらの病院サイトでは、クレプトマニアの診断チェックなども容易されていますから、気になる方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

窃盗癖(クレプトマニア)専門外来「大石クリニック」

大石病院の窃盗癖(クレプトマニア)チェック
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)