2017年01月19日

警備員視点からは犯行の成功確率はゼロ%      「セガ東京ドームシティ窃盗事件」

セガ東京ドームシティで元従業員の男が、無人の店内から1500万円を盗んだ事件ですが、警備員に店の従業員だと偽って鍵を受け取り侵入した事が判明。金庫の鍵の保管場所や暗証番号などを把握していたらしい。

警備業界では、このような人の出入をチェックする業務の事を「出入管理業務」と呼んでいて、非常に慎重にそして厳密に行うのが通常です。施設警備の業務の中では初歩的な業務内容(奥は深いが・・・)で、マニュアル通りにやれば、よほどの事が無い限りセキュリティ上での大きなミスは発生しない。

「よほどの事」というのは、会場依頼してきた本人が、昨日までその店舗で働いていて、且つ、真贋の見分けがつかないような身分証を提示、そして店舗の緊急連先(通常、3ヶ所はある。)の誰とも連絡がつかない。更に更にだ、その本人が時間外に鍵の貸し出しを求めた理由が緊急を要する場合、更に更に更に、警備員が他の緊急度が高い案件を速やかに対応しなければならない状況。

これを「よほどの事」という。
まあ、なかなか起こらないシチュエーション。

仮にそういう状況が奇跡的に起こったとしても、今回のような結果を招く事はあり得ない。もう一段上のセキュリティガード態勢が存在するからだ。

事件の詳細は不明ですが、警備員視点からこの窃盗事件を見ると、その成立は100%不可能という事になる。奇跡が3〜4回連続で起きれば、成立の可能性は1%は出てくるかもしれないが。。。

そうは言っても、昨年に同様の事件が2件も発生している。
実は昨年に限った事でもないわけだが・・・

しかも、いずれの場所(機会?ボカシで勘弁してほしい)でも、これらが議論の俎上に上る事さえもない。というか、そういう事件が起きた事をほとんどの警備関係者が知らない。

本来、現任教育ではこういう事件を題材にし、ディスカッション方式で活発な議論を行うべきなのだが・・・
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: