2017年03月16日



「ロボットホテル」の挑戦

長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」がロボットホテル、正式名称「変なホテル」の2号店を浦安市に開業し話題になっています。

「変なホテル」はハウステンボスに2015年7月17日に開業し様々な実証試験を行ってきました。目指すのは世界一のローコストホテルだ。当初30人いたホテルスタッフは2016年6月には10人、現在は6〜7人と思われる。

開業時から半年で部屋数は72室から144室と倍増していながらスタッフの数は4分の1程度に減っているわけだからすごい。

因みにロボットの数は開業時の6種82台から、1年後には16種182台まで増加していて、まさにロボットが運営するホテルと言える。夢のある構想をこんなに短期間で実現したという事例は極めて稀だ。

そして、満を持しての2号店オープン。ロボットやAIの急激な技術革新が追い風になったとはいえ、その進歩を確信してビジネスモデルを策定した事も間違いなく、時代を読み切る情報収集能力と経営判断能力は半端ではない。絶賛に値する。

こういうビジネス展開をする経営陣や実働部隊のスタッフにとっては面白くて仕方がない仕事という事になるでしょうね。最近は労働時間の問題が取り沙汰される事が多いけど、私だったらこういう面白くやりがいのある仕事なら寝る間も惜しいとばかりに働きますよ。

まあ、「私だったら・・・」という事ですけどね。

あくまでも個人的見解だけど、最近の労働・残業時間に関する風潮は違和感しか感じない。世論の主流はイジメ事案の構図とよく似ている。象徴的な被害者とされる人が居て、加害者とされる人や組織があって善悪が明確にされている。私には世論とは大きく異なる風景に見えるんだけどね。

さて、変なホテルに話題を戻しますが、このホテルの名称は個人的には好きではないなぁ。まあ、私の好き嫌いはどうでもイイわけだけど、ストレートに「AI」とか「ロボット」等の冠の方が・・・という気もする。

「変なホテル」という命名については「変化するホテル」という前向きな思いが込められているのは知っているけど、文字をビジュアルとして捉えた印象や音の響きがねぇ・・・。

それと、このビジネスモデルは非常に秀逸だけど適用範囲はリゾート地に特化されるのは間違いない。あくまでも「現時点〜近未来までは」という事になるけど。もちろん、それ以外のジャンルでも新たなビジネスモデルの構想はあるだろうが、ロボットがそれに対応できるようになるまでは軽く20年は掛かるのではないだろうか。

もっとも、現段階で将来に向けた実証実験や運用ノウハウの確立を行いながら中長期ビジネスモデル化の布石を打つという構想があるのでしょうから先行者利益を享受する事は間違いないだろうと思う。

「変なホテル」の世界展開、そして将来の大躍進を期待しています。

私もこういう面白くて夢のあるビジネスに関わってみたかったなぁ.
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: