2017年04月01日



現場の異変を感じていたのは私だけではなかった

先日、「どうも嫌な予感がしてならない。不吉な出来事の前兆のような気がする。」と書きました。今までには無かった出来事が頻発している事とセキュリティ体制が非常に緩くなっている事からそのように思ったわけですが、実はそういう危機感を抱いているのは私だけではなかった事が昨日に判明した。

何か大きな事案が発生しない限りクライアントとも我が社ともこの施設でのセキュリティに関する話し合いをする機会はありません。わが社では会議やミーティングが行われる事は全くありませんしクライアントとの関係においても同様です。

2日前にある事案が発生し、翌朝にクライアントの責任者の1人が昨夜の事案の件で私を訪ねてこられました。私は勤務が終了して帰り支度をしているところでしたが、こういう機会はなかなか無いので1時間程度なら残業(我が社ではこういう打ち合わせは何時間やっても残業代は出ない。)してもイイかなと思った。

先方が昨日の事案の件で話を振ってこられましたので、この際とばかりに「私は現状の施設のセキュリティ体制はかつてない程に危機的な状況にある。緩いにも程があるというレベルになっていると感じています。故にどんな重大な事案が発生しても驚かないし、そういう事が起こらない様に神経を研ぎ澄まして業務を実施しています。現状を見る限り、単にセキュリティ上の問題だけに留まらず、いずれ他の部署にも波及するだろうと考えています。」と溜まりに溜まっていた思いを吐露した。

ちょっと刺激し過ぎたかな?と思ったのだけど、意外な返答が返ってきた。

「実は私も驚くほど緩くなっていると感じています。あなたは、いずれ他の部署にも波及するだろうと言われけど、もう既に波及しています。」

ここから先は具体的な内容の会話になったので守秘義務の観点から書けませんが、もはや様々なジャンルでリスクが危機的レベルに達しているようだ。臨界点に達しているといると言ってもイイ状況のようだ。

こういう結果を招いた主因はウチだ。

これ以上書くと始末書確定(もう2回も始末書を書かされている。)なので書かないが、原因は100%明確に判っているし、今までに何度も事前に指摘してきた事でもある。

まあ、何よりも驚いたのは、クライアントの責任者の1人が私と全く同じ認識を持っていたという事だ。

この大問題、実は解決するのは極めて簡単だ。

しかしながら、私には実質的に指揮命令権が無い。建前上はこの現場の責任者は私だし役職上でも私が指揮命令をする立場にあるけど、それを行う事は不可能、いや、行ってはいけない立場にある。

本音を言えば、この実情は私にとっては非常に都合が良いし楽だ。この現場での警備員は私を含めて横並びの関係だから、私自身がミスをしない限り私が責任を問われる事は無いのだから。

同じ現場に勤務しているそれぞれの警備員が自分独自の判断で警備業務を行うわけだから、全く同じ事案が発生しても各警備員によって全く異なる対応をするのが普通の状況だ。私とは正反対の対応をする事もかなり多い。

ちょっと際どいところまで踏み込んでしまったので、この辺りでセーブしておきましょう。まあ、いずれにしてもクライアントの責任者の1人が私と全く同じように感じ、全く同じような「あるべき論」を持たれていたのは驚きだけでなく嬉しくもあった。

数年ぶりの実りある1日だった。

スポンサードリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: