2017年04月18日

千葉女児殺害事件の容疑者、状況証拠は真っ黒だが・・・

千葉女児殺害事件の容疑者が逮捕されましたが黙秘を貫いているらしい。遺体に付着していたDNAの類似性や防犯カメラ・車載カメラ等の分析から犯人である可能性が極めて高いとの判断から逮捕に踏み切ったわけですし、誰の目から見ても状況証拠は真っ黒だが警察がどこまで確証を得ているのか不透明な印象も拭えない。

にも拘わらずマスコミ報道は犯人確定というスタンスで報道している。ちょっと先走りし過ぎているのではないだろうか?

容疑者はロリコンだったという証言まで流されている。容疑者が本ボシである可能性は極めて高いとは思うが、現時点では容疑者という位置づけなのだから今の報道の在り方は大いに問題があるのではないかと思うのだが。

もっと慎重に報道すべきじゃないのかなぁ・・・。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: