PAGE TOP

2017年04月30日

「わが社には有給休暇制度は無い!」と言うのは嘘です

社員が有給休暇の申請をしたところ、「わが社には有給休暇制度は無い!」と却下されたというケースを少ないながら耳にする事があります。

これは真っ赤な嘘です。

有給休暇制度は会社が取り入れているか否かではなく、労働基準法で定められている労働者の権利なのです。

業種、業態にかかわらず、また、正社員、パートタイム労働者などの区分なく、一定の要件を満たした全ての労働者に対して、年次有給休暇を与えなければならない。(労働基準法第39条)

● 通常の労働者の付与日数

継続勤務年数 0.5  1.5  2.5  3.5  4.5  5.5  6.5

付与日数   10   11  12   14  16   18   20 

当然の事ですが、現状は従業員が申請しなければ付与されません。

ただね、私は思うのだけど、この有給休暇の申請にあたっては会社の業務も考慮して日程をどうするのかについては会社側と協議するのが理想かなと思います。

因みに時効は2年です。私の場合は40日残っていたのですが、有給休暇に入る直前で解雇されてしまいました。ww

スポンサードリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)