2017年05月12日



著名地震予知学者が、5月13日前後に博多で大規模地震発生の可能性を指摘。

立命館大学・歴史都市防災研究所の高橋学教授が、5月13日前後に博多・北九州周辺で大規模地震が起きる可能性があると指摘されているそうです。

高橋教授は昨年12月28日の茨城県北部地震(M6・3、最大震度6弱)、今年2月19日の千葉県北東部地震(M5・4、最大震度4)を言い当てた実績をお持ちです。

実は半年ほど前に、クライアントに「近年、警固断層に沿った地震が海洋部から内陸部直近に迫っているので地震対策が必要です。」という事を、警固断層の地震発生日の推移を時系列で表した地図を添付して具申した事があります。

最も信頼していた別の現場の後輩警備員にも状況を説明し、もし、大地震が発生したらどのように対処すべきかを伝えました。彼はとても優秀な人で飲み込みも早いしリスク管理にも敏感ですから、いざという時には大活躍すると確信しています。

多くの施設では火災訓練は行うのですが、地震発生時の訓練にはあまり目が向いていないような印象があります。たぶんね、いざ大地震が発生した時には、うまく対応出来ない施設警備員が少なくないのではないでしょうかね。

私が勤務していた施設は免震構造になっていましたが部分的に危険な場所が存在します。ですから、テナントの方々には「大地震発生時には絶対には絶対にここから避難してはいけません。何故ならば・・・」と説明して回った経緯があります。

警備員は施設の構造上の現状をしっかり把握して、地震時に危険な場所を施設関係者に周知しておくべきだと思います。

免震構造になっているから、どこでも大丈夫なんて思っていると、とんでもない事になる。地震の規模と施設の構造によっては外階段が崩れ落ちる可能性もあるのだから。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: