2017年05月14日



交通誘導警備員の資質向上の為に欠かせない事 《型と基本動作》

工事現場を見掛けると交通誘導警備員さんの所作をしばらく観察するのが常ですが、それぞれの警備員さんの誘導における型と基本動作が異なっていまるケースが大半です。

そして、そのほとんどが合格点には達していない。

型と基本動作が素晴らしいという警備員さんは滅多にいないのが実情です。

これは一体どういう事なのか?

結論から先に言うと、警備会社が行う新人教育の際に型と基本動作が疎かにされているか、もしくは「理想的な型や基本動作」を探求しその手法を確立するに至っていない事が原因と考えられます。交通誘導警備において型と基本動作は根幹を成すものですが、それさえも出来ていない現状です。

それは何故なのか?
答えは簡単です。

スポンサーリンク



警備員教育は質よりも時間が最優先されているからです。

警備業法では、基本的(資格保持者や経験者は時間短縮・免除あり)に警備員の新任教育は基本教育15H業務別教育15Hの計30H、現任教育は基本教育3H業務別教育5Hの計8H行わなければならないと定められています。

正確に言えば、それぞれの教育時間は●●時間以上と定められているのですが、警備会社の捉え方というか、解釈は、●●時間の教育を行えば良いという考え方が一般的です。教育内容は、大きく分けて5項目あり、4日間に分けて行われています。

その中で型と基本動作に費やされている時間は如何ほどでしょうか?

それ以前に、各警備会社において「理想的な型と基本動作」が確立され、マニュアル化されている会社が如何ほどあるのでしょうか?

理想的な「型と基本動作」が確立されなけば、警備会社の幹部たちが語る、「見せる警備」「魅せる警備」などというものは単なる言葉遊びであり自己満足に過ぎないと私は思うのですけどね。


スポンサードリンク








posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: