2017年05月18日



あらゆるところに考えるヒントがある

前記事でイオンとの近所のスーパーの総菜と刺身に関する他愛もない話をしました。総菜の味の良し悪しや刺身の鮮度の差が非常に大きいと書きましたが、これはスーパーだけの話ではなく警備会社・警備員にも相通じる部分があります。

イオン ⇒ ・総菜が美味しい。刺身の鮮度が良い。
近所のスーパー ⇒ ・総菜があまり美味しくない。刺身の鮮度があまり良くない。
(注)あくまでも私的な感想です。

この差はどこから生じているのでしょうか?

まず、総菜ですが、近所のスーパーはフライや天ぷら等の揚げ物をパック詰めして販売していますが、イオンはカゴに盛ってばら売りしています。

揚げ物は調理後にパック詰めをすると蒸気で蒸れて食感がとても悪くなります。ベチャッとした感じになってしまう。パックに詰めるか、カゴ盛りにするかで食感と味が時間の経過と共に大きな差となって表れる。

また、揚げ物以外の総菜はイオンの方が比較にならないほど手の込んだレシピになっている。各家庭で調理するにはかなり面倒で、外食感覚のレシピになっている。

次に刺身ですが、ほぼ同じ時間帯に売り場に出されたと思うのですが鮮度が天と地ほど異なる。この差がどこから生じているのかは憶測の域を出ませんが、たぶん、仕入れ・流通・商品管理段階で鮮度の差が生じていると考えられます。

結論を言うと、「食品販売における思想」「「仕入れから販売までのシステム」が大きく異なるという事ではないかと思います。

これらの要素を警備会社・警備員に置き換えるとどうだろう?

「警備員を育て、派遣する上での思想」「警備員の採用・育成から派遣・派遣後までのシステム」となる。

全く同様ではないか?

ただ、大きな違いもある。それは、警備会社間では大きな差異が生じていないという事だ。ほぼ同じ比率で上手な警備員もいれば下手な警備員もいる。

なぜ同様の比率になってしまうのかという問いに答えるのは実に簡単だ。教育レベルがほぼ同じ故に、採用された人が当初から持っている個々人の思想や能力が上手下手を決めるからだ。

以前にも書きましたが、多くの警備会社にはシステムらしいシステムが存在していない。逆説的に言えば、確固たるシステムが構築されれば他社とのレベルで格段の差が生じるという事だ。

他愛のないスーパーの話の中にも考えるヒントがある。常にアンテナを張っていれば、あらゆるところにに考えるヒントがあるという事なのだ。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: