PAGE TOP

2017年05月31日

交通誘導警備員の資質向上に不可欠《危険予知・通行止め》

交通誘導警備員にとって一番怖い事は警備員が責任を問われる可能性がある「現場での事故」である事は言うまでもないと思います。

しかし、一体どれだけの人が現場に入る前に「リスク」を把握し、対処しているでしょうか?

「この現場では、こういう事故が起こる恐れがある。」
「それを未然に防ぐには、どういう事に注意を払い、どのような誘導を心掛けるべきか?」

スポンサードリンク


交通誘導警備では「通行止め」「歩行者誘導」「車線変更」「片側交互通行」などに大別されますが、それぞれの現場で事情が異なりますから、個々の現場の状況に合わせたリスクマネジメントが必要になります。

「通行止め」の現場に配置されると、「ラッキ〜!」みたいに思う人もいるかもしれませんが、過去には警備員にとって実に恐ろしい事故が何件も発生しています。意外にこの手の事故は多いのです。

よくあるパターンは、歩行者や自転車が工事で掘削されている穴の中へ転落する事故。仮に警備員がその事故現場のそばに居なかったとしても「なぜ、ちゃんと歩行者誘導をしなかったのだ!」と責められるのは間違いない。

工事で掘られている穴の中を覗き込む人がたまにいますからねぇ。そしてバランスを崩して穴の中に転落する人がいる。

道路掘削のために歩行者通路が狭くなっている場所は要注意です。セイフティコーンやバーが設置されているとしても気は抜けない。ましてや、セイフティコーンのみが、まばらに置かれているような現場では特に警戒を要します。

ただ単に看板の前に立って「工事で道が狭くなっていますのでご注意ください。」と声を掛けるだけではなく、歩行者の横についてカバーするのが理想です。もちろん、穴がある側に自分が位置して。

面倒でしょうが、そういう行動を取ると転落事故はほぼ完ぺきに防げますし現場監督からも好意の目で見られる事は間違いない「この警備員さんはキチンとした仕事をするな。」「安全にとても気を配っているな。」「我々も安心して工事に集中できる。」等々。

でもって、監督から指名が掛かったりする。工事が半日で終わっても1日分の時間でサインしてくれたりする。一石三鳥です。警備員として信頼される喜びも伴いますから一石四鳥かもしれない。

警備会社の管制の人達は経験の浅い警備員を「通行止めの現場なら大丈夫だろう。」という事で配置に付けるケースが多いと思いますが、事前にしっかりと注意点を指導しておかなければ危険だと思います。しかも、クレームが最も発生しやすいのは通行止めの現場でもあるのですから。

スポンサードリンク




posted by 管理人 | Comment(4) | ■ 交通誘導警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初です。
危険予知ね。ホントにいっつも同じことしか言わない隊員の多いこと。
頭では分かってると言い訳してるけどちょっとヒヤリハッとが発生すると
「急に◯◯した」とか厚顔で言い放つ隊員の尻拭いをし続けてます。

現場で一線で誘導しながらも常々言い続け、「指導教の君が言うなら」と耳を傾けてくれている隊員も少しずつ増えてますが
質の向上には上との連携も必要だなぁと感じています。
Posted by ペペロンチーノたこまる at 2017年06月01日 19:33
ペペロンチーノたこまる さん 初めまして

おっしゃるように「上との連携」は欠かせませんよね。

上が同じスタンスなら大きな効果が見込めると思います。
Posted by 管理人 at 2017年06月01日 23:04
道路工事で通行止め に立つ警備員さんも 危険予知 事故防止で動くと みんなが助かるのですね

なんだか視野が広がりました ありがとうございます


Posted by 京都好き at 2017年06月04日 20:00
動き方に対しては賛否両論あるとは思いますが、私はそのように行っていました。

人によっては、「日替わりの場所に配置されるケースが多いのだから、そんな準備なんて出来ないよ。」という意見もあるだろうと思います。

こちらこそ、貴重な話を頂戴してありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2017年06月05日 03:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)