PAGE TOP

2017年06月10日

スカート内盗撮で逮捕の県職員を減給処分。でも「不起訴処分」

女性のスカート内を盗撮事件が相次いでいますが、このような盗撮犯を警備員が現行犯逮捕する事例が非常に多くなっています。

警備員は女性の味方!

そんな感じですね。警備員の活躍が目につきます。

この事件は3月に兵庫県神戸市で発生し逮捕されたのは農政環境部の男性職員(30)で、県の調査に「仕事のストレスでやってしまった」と説明したらしい。兵庫県は同職員に対して減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

なお、神戸地検は3月28日、男性職員を不起訴処分としました。

不起訴処分?

盗撮をしたのに不起訴処分になるのは何故なのか?
その理由は下記の過去記事をで説明しています。
よろしければ併せてご覧ください。

『盗撮罪』を制定すべきだ! (後篇)
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)