PAGE TOP

2017年06月11日

施設警備員も業務上過失致死傷罪が科せれた判例がある

前記事で「警備員と業務上過失致死傷罪」という記事を書きました。司法の場で警備員の誘導ミスと判断されたら業務上過失致死傷罪に科せられるという流れはもはや止まる事はないでしょう。

その発端となった判例が平成24年1月13日に川崎市で女性交通誘導警備員の不適切な誘導が原因で発生したと認定され禁錮1年執行猶予4年という有罪判決です。

この判決を受けて、警備業界に激震が走った。

この事故については以下の過去記事をご参照ください。

リスクのみが高まる警備員

今回、福岡県北九州市で発生した事故で警備員2名が業務上過失致死傷罪を科せられた判決も、交通誘導警備の実施中でした。この2件の判決により、交通誘導警備員は業務上過失致死傷罪に科せられれる事があるという認識が広がったと思います。

では、施設警備員にはそのようなリスクは無いのか?

正解は「否」です。

2013年10月、笠松競馬場(岐阜県笠松町)で脱走した競走馬が軽乗用車と衝突し、運転していた男性が死亡した事故で、勤務していた警備員が警戒を怠り馬を脱走させたとして業務上過失致死傷容疑で書類送検され略式起訴されました。因みに、警備会社への示談・和解金訴訟額は5千万円弱。

この事案は、施設警備といっても特殊な業務内容であり、ほとんどの施設警備の現場では施設警備員が業務上過失致死傷罪に問われるような事案が発生するとは思えませんが、警備員の過失により死傷者が出れば交通誘導警備のみならず施設警備でも業務上過失致死傷罪に問われる事になるのは明白です。

交通誘導警備と施設警備の違いは、業務上過失致死傷罪に問われる可能性の場面に遭遇する確率が大きく異なるという違いだけで、いずれの業務にあっても業務上過失という観念に違いは無いと考えるのが妥当です。

もっとも、施設警備の業務中に業務上過失致死傷に及ぶ事案が生じるとしたら、どういう経緯・内容によるものだろうかと考えても、なかなか思い浮かばないのも事実。業務上過失のリスクは常に頭を過りますが致死傷罪となると非常にレアなケースと言えるかもしれない。

ただ、施設警備といっても様々な業務形態があります。自分が勤務している施設でそのような事態が発生するリスク度がどれくらいあるのか、そして、それを防ぐにはどうしたら良いのかという事を真剣に考えた方が良いと思います。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備員全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)