PAGE TOP

2017年06月11日

交通誘導の片側交互通行では「判断に迷ったら止める」事が重要

交通誘導警備で片側交互通行をしている時に、工事区間に接近する双方の車がほぼ等距離に位置している際は、どちらの車を停止させるべきか、一瞬、判断に迷う時があります。

このような経験をされた交通誘導警備員の方は多いと思います。私も何度もそういう体験をしています。一瞬ですが、ものすごく焦ってしまう。

合図の判断に迷った時は、とにかく車を停止させる事が重要です。

もし、双方の車を同時に停止させてしまうと、ドライバーから怒鳴られたり現場監督などから叱責を受けるでしょうが、事故は回避できますから。イヤな思いはしますけど、事故が起こって過失致死傷罪に問われるよりは遥かにマシです。

暑い季節の到来です。炎天下での片側交互通行ともなると、頭がボンヤリして判断力が鈍るシーンも起こりやすくなります。くれぐれも注意されて、「判断に迷ったら躊躇なく停止させる。」という事を念頭に置いて誘導を行いたいものです。

もう、二度と警備員が罪に問われるような事案が発生しない事を心より祈っています。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)