PAGE TOP

2017年06月12日

エレベーター内で無警戒な日本人 防犯カメラ画像流出を防ぐ方法

前記事で防犯カメラのリスクについての記事を書きました。私は施設警備員とし防犯カメラによる監視業務を行ってきましたが、いつも感じていた事は「日本人はエレベーターの中で無警戒」だという事。一方で欧米人は警戒する人が実に多い。

エレベーターの中で何を警戒するの?
私1人だけしか居ないのに。。。

いいえ、エレベーターの中にはあなた1人だけでも
あなたを見ている人がいるのですよ。


エレベーターの中には天井に監視カメラが設置されていて、セキュリティ関係者が防犯の為にリアルタイムでカゴの中の様子を見ている(全てのEVというわけではない。)のです。ご存知の方が大半だとは思いますが。。。

エレベーターの天井をご覧ください。こういう物が設置されています。だいたい天井真ん中から奥あたりに設置されています。
これが防犯カメラです。

監視カメラ.jpg

その存在を知っている人が大半だと思うのですが、エレベーターの中で他人に見られたら恥ずかしい行為をする人が少なからずいらっしゃいます。こういう行為をする人はほとんどが日本人です。自分の行動が見られているという意識が非常に低いのです。

守秘義務がありますので具体的な事は書きませんが、ビックリするような行動を取る人もいます。意外にも女性にそういう人が多い。前記事で書いたように防犯カメラの画像流出という可能性もあります。

防犯カメラに映った自分の画像流出リスクを避ける方法が無いわけではありません。あくまでも「画像流出リスクが確率的に非常に低くなる。」という事で完全に阻止できるというわけではありませんけどね。

・防犯カメラは天井の真ん中から奥にかけて設置されているので、EVカゴの中に入ったら直ぐに背を向ける。これならカゴに乗り込む瞬間しか顔は映りませんから。

・完璧な方法が無いわけでもありません。カゴに乗り込む時に半身になって顔を乗り口方向に向けたまま乗り込む。これなら顔が映りませんから画像が流出しても誰かは分からない。ただ、乗り込む時に転ばないように注意が必要なのは言うまでもありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)