PAGE TOP

2017年06月12日

警備員になるなら、どちらを選ぶ?交通誘導警備or施設警備員

これから警備員になろうと考えている人は交通誘導警備・施設警備員それぞれの向き不向きやメリット・デメリットを把握してから方向性を決めた方が良いと思います。もちろん、他の異なる業態の警備員の仕事もありますが、警備員への入り口は「交通誘導警備員」「施設警備員」というケースが大半なので、この2つに絞って比較したいと思います。

以前、警備員に向き不向きは無いと書いた事があります。やる気があれば向き不向きなどというものは考える必要が無いという趣旨でそのように申し上げたワケですが、業態別の比較という事になるとそれぞれ固有の要素がありますので、ご参考になればという趣旨で書いていきます。

スポンサードリンク



【必須条件】

交通誘導警備員・・・体力・機敏性などの身体能力

ネット上では「立っているだけで楽な仕事だ。」という記事をよく見かけますが、それは大きな誤解です。通行止めの現場では立っているだけのように見えるかもしれませんが、一瞬も気が抜けません。それに、同じ場所に立ち続けるのは動き回るよりもキツイし時間の経過がとても遅く感じます。

はた目から見るのと、実際にやるのは大きな開きがあるのです。私のように体力の無い人間だと1週間も務まらない。たぶん、3日程度でぶっ倒れちゃいます。

施設警備員・・・コミュニケーション能力・気が利く

高度なコミュニケーション能力が必須というワケではありませんが、コミュニケーションが苦手という人にはこの仕事は精神的にかなりツライと思います。また、気が利かない人は何かと大変な思いをさせられます。

【メリット・デメリット】

交通誘導警備員のメリット

・一般的に残業時間が少なく、定時より早く終わっても1日分の賃金が出るケースが大半。
・現場や行動を共にする警備員が頻繁に変わるケースが多く、人間関係に悩む事が少ない。
・繁忙期を除けば、休日が取りやすい。
・たまにだが1日に2現場をこなす事もあり、1日で2日分の賃金を得る事もある。

交通誘導警備員のデメリット

・外での仕事なので、夏は暑く冬は寒い。いずれも半端ではない。
・繁忙期と閑散期の落差が大きく仕事量が安定しない。必然的に収入が安定しない。
・現場までの交通費は自己負担。遠い現場だと吐き気がしてくる。
・日焼けは覚悟しなければならない。トイレ探しに苦労する現場もある。

施設警備員のメリット

・大半は冷暖房完備の中での仕事だし、激しい動きが無いので体力を消耗する事が少ない。
・シフト制で同じ現場なので仕事量が安定している。必然的に収入も安定している。
・自宅から現場までの交通費が支給される会社が大半。上限はあるけど。
・社会保険・雇用保険がある会社が大半。失業した時には失業給付金を受け取る事が可能。

施設警備員のデメリット

・1勤務の拘束時間が長く、12時間勤務〜24時間勤務が多い。
・毎日同じ現場なので苦手なタイプの同僚と同じ現場だと精神的にツライ。。
・雑用の多さに辟易する。「私は警備員?それとも雑用係?」モチベーションが下がる。
・長時間に亘って息を抜く間がない。緊急出動でカップ麺を何度も捨てる羽目になった。

さあ、あなたなら、どちらを選びますか?

※ 書き足りない部分があったり、人によっては感じ方が異なるケースもあると思います。   
  個人的な体験を通じて書いていますのでご理解ください。

スポンサードリンク




posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)