PAGE TOP

2017年06月14日

施設警備員は「観光英語検定」を取得するとスキルアップになる

近年は外国人の来日客が目を見張るほど増えています。その目的はビジネスだったり観光だったりするワケですが、特に中国からの観光客が目立っています。

私が住んでいる街でも中国人観光客の数が半端ではなく、時々訪れる魚市場(有名な所です。)では日本人よりも中国人の方が遥かに多く、まるで中国に来たような気さえします。

また、私が勤務していた施設にはホテルがあって、たくさんの中国人が宿泊されています。もちろん欧米人もよく見かけますがやはり中国人が圧倒的に多い。中国人の方は英語をしゃべれる人が多いです。

防災センターはホテルの向かい側にありますし、我々警備員の雑用の範疇になるのですが外国人と接する機会があります。私は中学英語程度しか話せませんが、簡単な単語の羅列と身振り手振りで何とか伝わるんですよね。

最近はネットで単語が簡単に英訳できますので「こういう質問を受けそうだな。」と予測して事前にネットで調べたりしていました。定型文なんかもありますから、そういう文例集を拾い出してコピーしていました。

先日、「京都好き」さんと仰る方から5年後に施設警備員になる計画を立てているとのコメントを頂戴しその中に「観光英語検定」を取得する予定だと書かれていました。

恥ずかしながらそういう検定があるという事を知りませんでした。調べてみると「空港、交通、ホテル、観光、ショッピング等の実際場面を想定したものが出題され。 加えて観光に必須の文化(国内外・異文化)、地理、歴史の知識も問われます。(観光英語試験サイトから引用)」と書かれている。

実務的な英会話検定になっているようです。

この検定に向けた勉強をして試験に合格するレベルに達すると施設警備員にとっても、とても役立つ事は間違いありません。今後は更に外国人観光客は増加するでしょうから観光英語に精通した警備員の存在はとても貴重だと思います。

施設警備員の皆さんは、こういう資格を取ると「売り」にもなるのではないかと思います。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)