PAGE TOP

2017年06月20日

「2018年ワールドカップ」フーリガン対策ロボットの動画

2018年にロシアで開催されるワールドカップに向けて、フーリガン対策のロボットが開発されました。搭載されたセンサーで人の表情などを読み取って暴動や喧嘩を察知し警察に直ぐに連絡をしたり、人間との対話も可能なので自ら喧嘩の調停を行ったり出来るという。

攻撃能力は搭載しておらず、暴動などを予見すると警察官や警備員に知らせるそうです。現時点では特に発表されていませんが、世界的に顔認証システムの技術が確立されていますので要注意人物の顔を識別して入場者のチェックを行う事も可能だと思います。そういうソフトを導入するとより安全対策がスムーズに運ぶのではないかと思いますけどね。

このロボットは Moscow Technological Institute というロシアの大学が開発したもので、名前は「Alan Tim」。

ユーチューブに動画がアップされていましたので下にご紹介します。


ロシアのフーリガン対策ロボット動画1


ロシアのフーリガン対策ロボット動画2

posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)