PAGE TOP

2017年06月22日

警備員の採用「履歴書は多くを語る」履歴書チェックのポイント

毎年、警備員による犯罪が数件発生しており、事件を起こした警備員が勤めていた警備会社にとっても同じ会社で働いている他の警備員にとっても大きな痛手を受ける結果になってしまう。会社の存続にもかかわる事態になりますから。

「こうすればそういう事態を防げる!」というものは思いつきませんが、そういうリスクを減少させる可能性があるものとして、応募時に提出される履歴書の精査があります。

履歴書のチェックがキチンと行われている会社もありますが、不十分なチェックに留まっている会社も少なくないかもしれません。どのような点をチェックすべきなのかについて書いてみたいと思います。そんな事は分かっていると言われるかもしれませんが、私なりの考え方をまとめたいと思います。


スポンサーリンク


履歴書のチェックポイントは様々ありますが、これだけは注意したいという点だけに的を絞っています。

・写真の切り方や貼り方

写真撮影機で撮られた写真は自分でカットしますが、キレイにカットされておらず波打っている物や、写真を貼る枠内にキレイに収まっていない物はNG。几帳面さ・真面目さに欠ける性格だと推察されるからです。警備員という仕事は几帳面でなければ良い仕事は出来ません。

・記載された文字はその人の気質を表す

まず、字の上手下手は抜きにして、字体を見て「キレイに書こう。」という意思が読み取れるかどうかという事です。その人の貴社への就職に対する真剣さの程度が窺えます。

文字のバランス、特に漢字はその人の気質を物語っているケースが多いようです。経験則からは、漢字の左右のバランスがいびつな文字を書く人は問題を起こしやすいケースが多いように感じます。

・履歴書や封筒が折り目正しくキレイか否か

封筒に皺があったり履歴書の折り目がズレていないかどうか。理由は敢えて書くまでもないと思います。

・志望動機などがキチンと書かれているか

志望動機欄などの記載が極めてシンプルに書かれていたり、交通手段や通勤時間などが書かれていない場合はNG。面倒がり屋だったり、いい加減だったりするケースが少なくない。

文字の研究をすると幾つかのパターンが見て取れます。そして心理学とかかわってくる要素が多い事に気づきます。具体的に書くと何かと問題が生じますので書きませんが、人相と同様の位置付けがあると私は思っています。文字と心理学を研究するととても面白いし役立つと思います。

スポンサーリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)