PAGE TOP

2017年07月04日

夏祭りイベントのシーズン 事故に細心の注意を払いたい

7月から8月にかけて日本全国では夏祭りのシーズンに突入し、小規模の夏祭りから大規模の夏祭りそして花火大会などが各地で催されます。

警備会社にとってはスポット需要が発生する時期で人の遣り繰りがとても難しい。1か所当たりの警備員の動員数が大きいケースも少なくありませんのでね。ベンチャーを組んでの対応になるわけですが、それ故に意思の疎通が不十分でリスクを高めてしまうケースも少なくありません。

現地に配置される警備員にとっては、何かと神経を使う現場ではあるし、とにかく忙しい現場ですから「行きたくないなぁ・・・」と思っている人も少なくないと思います。

まず、駐車場の開始前と終了後の大混乱や人的トラブルが起こりやすいですし酔っ払い対応も大変です。喧嘩なども発生しますから仲裁に入らなければならないケースも珍しくありません。往々にして警備員がそのはけ口にされる事が多いですしね。


スポンサーリンク


花火大会などは雑踏警備の中でも最も大変な現場と言っても過言ではないでしょう。

そして、大きな事故に繋がるリスクが高いですから神経がすり減ってしまう。

2001年7月21日に起きた明石歩道橋事故では11人もの死亡者が出る大惨事になってしまいましたし、2013年8月15日には京都福知山花火大会では露店の爆発事故で3人の方がお亡くなりになるという痛ましい事故も発生しました。

明石歩道橋事故では杜撰な警備計画書が原因で警察と警備会社が責任を問われる事態になりました。リスクというものに鈍感であったが故の大惨事だったわけです。

慣れがもたらした事故の典型です。福知山の爆発事故に関しても事故を起こした露店の慣れがもたらした不注意が原因だったと言えるのではないでしょうか。

今までに何度も書いてきましたが、慣れというものは実に怖いものです。ついつい何事においてもアバウトになってしまうし、事故に対する意識が低下しがちになります。

そして、その代償はあまりにも大きい。

夏祭りを控えて、夏祭り警備を行う警備会社も警備員も過去の大惨事が繰り返されないようにあらゆるリスクを考慮した警備計画の策定や細心の注意で臨むべきだと思います。

「あの時、こうしておけばよかった・・・」などという事が無いように万全の態勢で臨んで欲しいものです。

スポンサーリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備員全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
(br)(br)