PAGE TOP

2017年07月05日

「子供の防犯」について。まず、親が防犯知識を得る事が重要。

まず、記事を書く前に「子供の防犯」に関する秀逸サイトと本をご紹介したいと思います。訪問者がブログに滞在する時間は驚くほど短いというデータがありますから(苦笑

特に小さいお子さんがいらっしゃる方は当ブログの本文記事をスルーしても、以下のサイトだけはご覧になってください。大いに役立つと思いますので。

セコム】 子供の安全ブログ




千葉県松戸市で今年3月に発生した女児殺害事件では保護者会会長が死体遺棄容疑で逮捕され世間を震撼させました。外堀はほぼ埋められている状況下にありながら、未だに自白をしていない事も別の意味で怖い事件です。

ネット上では「余罪があるから自供しないのではないか?」という噂が飛び交っており、あながちデマに過ぎないという状況でも無い事がこの事件の闇の深さを感じさせる。

また、真実かどうかは不明ですが、かつての同僚による小児性愛者を彷彿させる証言の存在、そして同地域の一部の保護者から漏れ聞こえる様々な証言などから容疑者の特殊性が垣間見られる。

もっとも、このような事件で逮捕された容疑者像については尾ひれが付くケースもありますから鵜呑みにはできませんが「まさか、あの人が・・・」的な証言がほとんど得られていない事が多くを物語っている感もある。

容疑者との接点が無い人達にとっては「保護者会会長」が逮捕されたという事に驚きを禁じ得ないというのがまともな反応である事は言うまでもない。

「いったい、誰を信じれば良いのか?」

そう感じた親達が大半だと思います。もうすぐ夏休みに突入しますから子を持つ親にとっては心配が尽きませんね。

こういう事件が起きると「地域全体で子供を守る事が大切だ。」という論評が多い。もちろん、そういう社会であって欲しいとは思いますが現実的にはなかなか難しいのも事実。

「我が子は自分で守る」という姿勢がまずありきだと私は思います。そういう観点からトップに紹介したブログなどを参考にされて大切なお子さんを守る工夫をしていただければ幸いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
(br)(br)