PAGE TOP

2018年02月25日

万引き犯を捕えようとした警備員が負傷 犯人は逃走

24日午前11時ごろ、愛知県北名古屋市弥勒寺西のスーパー「ピアゴ西春店」で、男が食料品売り場の菓子をジャンパーの胸ポケットに入れているところを男性警備員(56)が発見。

男が清算をせずせに店外に出たため、警備員が声をかけ取り押さえようとしましたが、男は警備員の腕を振り払い逃走。この際に警備員が転倒し軽傷を負うという事件が発生しました。
軽傷で済んで何よりですが、打ち所が悪ければ大怪我をした可能性もあるだけに不幸中の幸いです。犯人の男は30代と見られており警察が行方を追っているとの事。

菓子袋1つを盗んで強盗致傷です。最近はこういう事件が非常に多いですね。先日も書きましたが、警備員は逮捕術を身につけないと非常に危険だと思います。

現任教育の時期ですから逮捕術の訓練にもっと時間を割くべきだと思いますし、日頃からそういう訓練を取り入れるべきではないでしょうか。

特に、スーパーに勤務する警備員はこういう場面に遭遇するケースが多いだけに必要不可欠だと思うのですけどね。



posted by 管理人 | Comment(1) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
報道では警備員とされていますが、いわゆる万引きGメンだと思われます。
スーパーに勤務ではなく、警備保安の企業から定期的に来ている人です。
Gメンとはいえ、護身術すら習得していないようにも見える人が多いですね。
刺されたりとかなくて良かったです。
Posted by くぼなり at 2018年02月27日 02:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。