PAGE TOP

2018年02月28日

ALSOK神奈川の警備員が勤務先デパートでジャケット盗む

仕事先の百貨店で衣類を盗んだとして、警視庁玉川署は28日、窃盗と建造物侵入の疑いで、警備会社「ALSOK神奈川」(横浜市)元社員の男を逮捕しました。

逮捕容疑は1月15日午前5時45分ごろ、警備員として働いていた百貨店「玉川高島屋ショッピングセンター」内の衣料品店に侵入し、男性用ダウンジャケット(仕入れ価格3万8400円)を盗んだ疑い。

14日午後7時から15日午前10時まで勤務予定で、事件があったとされる時間は休憩中だった。ジャケットが無くなっていることに店側が気付き、今月5日に被害届を提出。防犯カメラの映像などから同容疑者が関与した疑いが強まった。

同容疑者は2000年にALSOK神奈川入社。逮捕前日に辞表を提出し、受理されていた。(出典:時事通信)

普通、こういう施設で働いている警備員は、防犯カメラがどこに設置されていてどこに死角があるのか等の詳細なセキュリティ情報を把握しています。

あと10cm動けば死角に入ってしまうというぐらい正確にです。それぐらいのち密さがないと、まともな警備は出来ませんから。


posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。