PAGE TOP

2018年03月07日

西武鉄道駅で警備ロボットによる警備・監視業務の実証実験開始

西武鉄道と、自動防犯・監視システムを開発するアースアイズ(東京都中央区)、日本ユニシス(東京都江東区)は3月7日、西武鉄道の一部駅構内で警備ロボットを使った実証実験を共同で行うと発表した。駅の定点監視カメラの死角を警備ロボットが監視することで、駅の安全性向上や駅係員の業務負荷軽減を目指す。

 東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)の公募型共同研究開発事業に採択され、共同研究開発をスタート。今回の共同研究開発事業では、都産技研が試作開発中の自律移動型案内ロボット「Libra」(リブラ)をベースに、試作ロボット「Taurus」(トーラス)の防水・防塵(じん)、踏破能力を組み合わせたロボットを新たに開発するという。

 同ロボットには、不審者(周囲を見回す動作、座り込み、けんか、物を投げる動作をする人物)、異常者(倒れているなど、急病人と推測される人物)、不審物(スーツケースなど、長時間放置され続けている物)を検知し、駅係員に通報する仕組みを実装する予定。ロボットに搭載するカメラの中核技術にはアースアイズのAI機能を採用するという。(media NEWS 記事より転載


アースアイズについては、以前に「五感を働かせて防犯から見守りまで行うAI(人工知能)搭載型監カメラを開発」した際に、非常に素晴らしい技術を持っている会社としてご紹介した事があります。

AIはディープラーニング機能の急速な進展によって、ソフト部分では人間を凌駕する時期は遠くないと思われますが、ハード部分(ロボット本体の機能)はまだハードルが高いですから、それなりに時間は掛かるでしょうけどね。
AIが人間の仕事を代替するであろう職業のトップランクに「警備員」が挙げられています。AIとの親和性が非常に高いですからね。顔認証システムも数万人規模の顔の照合を短時間で処理できますしね。

人間の警備員を凌駕する時期はそう遠くないと思われます。もっとも、細やかな気配りや機転を利かすという部分ではかなりハードルが高いのも事実です。

因みに、今回使用されるロボットは、「Libra」(リブラ)をベースにした試作ロボット「Taurus」(トーラス)のようですが、「Libra」は「天秤座」、「Taurus」は「牡牛座」という意味です。

たぶん、いずれのロボットも試作品が誕生した月の星座を名称にしたのではないかと思います。ロマンのある開発ですからね。


posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。