PAGE TOP

2018年03月15日

広域施設を複数のドローンで「遠隔巡回警備」を行う次世代警備の実証実験を実施

NEDO、KDDI、テラドローン、セコムの4社はこのほど、4G LTEモバイル通信ネットワークを活用したドローン警備実証実験を行った。

 KDDIが構築したドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」を活用した警備システムの実証実験で、4G LTEモバイル通信に対応した4機のドローンで広域施設の遠隔巡回警備を実施した。

 実験では、俯瞰撮影を行う“俯瞰ドローン”と施設内を低空で巡回する“巡回ドローン”を組み合わせた監視を実施。異なるミッションを持つ複数のドローンを組み合わせることで、高い広域監視能力を得ることができるとしている。またドローン側にスピーカーやLEDライト、赤外線センサーなどを搭載することで、不審者への注意喚起や不審火の発見なども可能となっている。(出典:ITmedia PC USER)


NEDOは日本最大級の公的研究開発マネジメント機関で、産業技術に関する研究開発業務を行っていますし、テラドローンはドローンを使った精密な測量やインフラ点検、陸上や海上沖合にある石油・ガス施設の点検サービスを提供している会社です。

それぞれのジャンルで異彩を放っている3社をNEDOがマネジメントするスタイルのプロジェクトですから大いに期待が持てそうです。

このシステムが軌道に乗れば更にバージョンアップしたシステム運用が可能になるのではないでしょうかね。


posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 施設警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。