PAGE TOP

2018年06月28日

想像力逞しく読んでいただければ幸いです

私は視力を大墓に損なっていて文字を読み取ることが非常に困難になっています。キーボードの文字は見えず文字の配列の記憶に頼ってタイピングしていますし漢字変換は「何となく、これかな?」という感じで選択している現状です。

当然、書いた文章を見直ししても誤りに築くのは至難の業ですから誤字脱字が目立つ結果になると思います。

当bログを訪問して記事を読んでくださる方々にとっては、とても読みづらくストレスを感じられると思います。どうかご容赦ください。

余命も残り僅かで、突然死の可能性が極めて高いですから、生きている内に自分なりの死生観を綴りたいと思っていますが、起きている事だけでなく思考も困難な状況ですから書けるかどうかは分かりません。

自分が死を迎える事に対して特段の感慨はありませんから大した記事は書けないだろうとは思います結果にけどね。


posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(br)(br)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。